島村楽器株式会社 ~日本国内に150超の店舗と音楽教室を展開する、国内シェアトップの総合楽器店~

島村楽器創業の経緯

島村楽器株式会社 代表取締役会長 島村 元紹 (2015年4月取材)

[もっとみる]

プロローグ

【聞き手】

本日は東京の下町の文具店からスタートをされまして、いまや日本でナンバー1の楽器店を経営されていらっしゃいます島村楽器の創業者でいらっしゃいます、島村元紹会長にお話を伺っていきたいと思います。それでは会長、宜しくお願い致します。

【島村】

よろしく願いします。

【聞き手】

本日は御社のスタジオと言いますか、こちらで撮影をさせていただくんですが。今日は会長のご自身の人となりに迫ってお話を伺っていきたいと思います。宜しくお願いします。

島村楽器創業の経緯

【聞き手】

お生まれは東京。

【島村】

東京の江戸川区、今の本社の人達と同じです。

【聞き手】

平井。

【島村】

生まれてからずっとそこにいます。

【聞き手】

そうなんですね。様々なご経験をされていらっしゃると思いますが、小さい頃、多少は昔を振り返って頂きますと。どんなお子さんだったんでしょうか?

【島村】

まあそうですね。父が早く、中3の時かな、亡くなりましたんで。それまでは父親がとても厳しくてですね。結構言うことを聞かないと、ぶっ飛ばされるくらいのすごい父親でして。逆に母親はすごいやさしい母親でして、すごく可愛がってくれて。兄弟が姉と妹しかいませんので、男1人で、結構母親は私を一番かわいがったって言って、姉たちが結構なんで元紹ばかりかわいがるのって言っていたような記憶がありますけど。父親が文房具をやってましたからね、母は一緒に手伝ってましたから。

【聞き手】

そういう働くご両親の姿を見て育ってこられたっていう。

【島村】

ですから、私も中学ぐらいからは時々お店に出て、手伝いをしたりしましたね。

【聞き手】

非常にお若い時にお父様を亡くされておりますが、その時のご心情と言いますか。

【島村】

それはもう私が16の時に亡くなりましたからね。とにかく母親が文房具屋をやるしかない。私は学生時代に手伝いをして、私の母親は明治生まれですけども。当時としては女性が大学に行くというのは少なかったですけど、大学を出ているんですよ。ですから自分の息子も大学に行けと言ったんですけど。文房具屋を手伝わないといけないから、途中でとにかく母親が最終的には会社勤めをする必要はないわけだから、大学は卒業しなくてもいいよなって、3年で中退したわけです。早稲田の政経でしたけど。ですから、後を継いだというのは義務感で継いだんです。

【聞き手】

その時に選択肢は他になかったんですよね。

【島村】

なかった。選択は、母親が一人で苦労しているのを見ていて、私は母親が大好きでしたから。母親を助けると言う意味で、手伝ったわけですけど。本心から自分がこの商売をやろうという意思はなかったわけですよね。で、やったわけですけど、それなりの商売はしていたようですけど。文房具屋って商売は将来的にね、どうなるのかなって不安感は多少あったし。自分の意思じゃないってことで、本当の本気にはなっていなかった。義務でやってるから。義務でやっているのと本気でやっているとでは全然パワーが違うわけですよね。                                                                   で、そうやっているうちに音楽が好きですから、音楽を聴きに行ったり、色々やったわけですけど。仕事がやっぱり面白く楽しくなければ、人生は楽しくないんだなと思っていました。そういう時にYAMAHAさんからね、音楽教室をやりませんかときたんで、これは好きなことで仕事になればこんないいことはないと思って、やろうと。祖母が猛反対、余計なことをするなと。

【聞き手】

おばあさまから大反対だったわけですよね。

【島村】

だけどそれを蹴っ飛ばして、自分の意思でやると。やった以上は成功しないとやっぱり駄目じゃないかと言われるのは、絶対に自分としてはあり得ない。本当に本気になってやりましたよ。生徒募集をね。そしたらYAMAHAさんが期待する3倍の生徒を集めてね。本当に本気でやったら結果が出るんだなと初めて感じてね。仕事っていうのは面白いんだなって思いましたね。

【聞き手】

ただ傍から見ていますと、元々はいわゆる文具店としてやっていたわけで、音楽教室とか楽器を売るとか、そういったノウハウは全くお持ちでないわけですよね。そこに対する躊躇というか怖さというものはお持ちでなかったんですか。

【島村】

あんまり怖さとかは感じないですね。

【聞き手】

できるかなとか、失敗したらどうしようとか。

【島村】

そういうことも全然思わないわけじゃないけど、絶対成功させるという意欲はありましたね最初から。やるしかない。本気でやれば絶対結果が出るというのは最初の生徒募集で成果が出たんで、これは本気でやれば何でも成功するんだなと思ってね。やる気になりましたね。

【聞き手】

割と順調にスタートされたって感じですか?

【島村】

順調ってことはなく、苦労はしましたけどね。音楽教室をやっているうちにとにかく生徒さんが時々ポロポロとやめていくんで、先生方が社長さん、やっぱり生徒さんが家で練習するのに、楽器が必要だから楽器も売らないといけませんよということで。楽器の販売を始めた。私共は普通の楽器屋さんとは違う。普通の楽器屋さんは楽器を売るという目的の手段として教室。私共は逆で音楽教室の生徒さんが継続的に続けて頂くという目的のために手段として楽器を売ったわけです。いわゆるソフト主導型の楽器店で。これは日本で私共だけじゃないですか。

【聞き手】

そういう入り方をされているところはほとんどないですよね。

【島村】

ですから、音楽教室っていうのは音楽を楽しむ事の一番必要な仕事ですから、そういう意味でお客さんが喜んでくれて、お客さんが教室に入ってよかったなと言って頂けることがうれしかったですよ。ですから、仕事がお客様にとってお役に立っているということについてはすごいうれしかったですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 島村 元紹
役職 代表取締役会長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案