貝印株式会社 ~「失敗は進化のもと」世界に名を馳せる刃物メーカー、海外戦略の全貌~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

Vol.6 市場を制する貝印/視聴者へのメッセージ

貝印株式会社 代表取締役社長 遠藤 宏治 (2015年10月取材)

[もっとみる]

―市場を制する貝印/視聴者へのメッセージ―

【遠藤】

私共は、刃物をコアにしてやってます。で、具体的に刃物というと、カミソリがあり、包丁があり、爪切りがあり、ハサミがあり、カッターナイフがあるということですけど、包丁に関して言うとですね、全体のシェア、包丁全体を取るとですね、色々業務用の包丁だとかいったものもあれですけど、ざっと包丁マーケットでいうと、我々としては、40数%のシェアを頂いていると思ってます。特に包丁に関しては、社内で包丁マイスターという形で、包丁に関する知識の資格みたいなのを社内資格を持っていまして、これは今、売り場だとか色々な人にも、そういったものをお伝えして、包丁マイスターの資格を持って頂いて、お客様にですね、包丁のいろんな使い方だとか、どういった包丁が適しているのか、包丁の違いは何なのかということをお伝えするようにしてやっております。それから爪切りですね、爪切りはですね、今お陰様でそのインバウンド事業ですかね、海外から日本に来られてお買い求めになるっていうので、爪切りってのは結構上位にいつも入ってまして、そこの中でも、貝印の爪切りってのはですね、海外の方に非常に人気でして、今一番伸びてる分野なんですね。ですから、爪切りはですね、50%以上の国内シェアを頂いてるというふうに思います。具体的に申し上げますと、爪切りは月産70万個から80万個ぐらい、それでもお陰様で足りないという状況ですから、これはまた非常に楽しみな分野ということですね。それから医療器でいきますと、眼科のメスだ、外科用のメスだ、いろんなのあります。特に面白いのがですね、ニッチですけど、皮膚科のいわゆるバイオプシーパンチっていうんですけど、業界用語でトレパンっていうんですけど、皮膚を採取する時に使う円筒形になったものに刃を付けるという、そういうこれも刃ものの一種なんですけど、これは世界シェアで60%ぐらいを頂いてます。非常にニッチな小さい市場ですけども、私共の刃物技術のユニークさが生きてる市場だと思っています。

【遠藤】

やはり、それぞれ私も一個人として、また一経営者として、ずっと生きてきました。だから、会社という舞台の中で、色々仕事をする、自分の人生の過ごしていくということですから、悔いのない毎日を送るということを心掛けていけば、結果として良い結果が出てくるということを信じて、毎日一生懸命やるということではないのかなというふうに思います。色々良いこともあれば悪いこともあるんですけども。私の好きな言葉でですね、禍福は糾える縄の如しという言葉がありまして、禍、災いですよね、福、良いこと、で、それはやっぱり糾えるっていうか、今はなかなか縄は作りませんけど、良いことだとか悪いことは交互に来るんだということで、良いこともあればこれで有頂天になってるといけないよと戒めなくてはいけないし、また悪いことがあったらいつまでも悪いことは続かないと、良いことも必ず来るというふうに、信じて頑張るというのがですね、私の人生の信条でもあり、経営の信条でもありますし、人それぞれの毎日に生き方の拠り所になる言葉ではないのかなと思いますので、そういった言葉を贈りたいと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 遠藤 宏治
役職 代表取締役社長
生年月日 1955/10/21

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案