貝印株式会社 ~創業100年超。“刃物”を核に、1万点の商品を世界数十カ国に展開~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

危機からの脱却/商品開発のDUPS

貝印株式会社 代表取締役社長 遠藤 宏治 (2015年10月取材)

[もっとみる]

―危機からの脱却/商品開発のDUPS―

【遠藤】

ちょうど平成3年以降ですね、もうバブルははじけてましたから、その後色々不況な時代、日本全体不況の時代に入ったんですけど、その当時、NHKさん、プロジェクトXってありましたよね、私共はその前にXプロジェクトっていう名前を付けてですね、社内のいろんな改革だとか新規事業だとか、それぞれX1だとかX2だとか、X3っていうふうに名前を付けて、いろんなプロジェクトをやってたんですね。そこの中の一つはですね、海外進出と、海外への工場の移転、海外に工場建設してグローバル化を進めていこうという事もあったわけです。それがちょうど円高だとかいろんなものと相まってですね、俗に言うブーメラン現象ですよね。我々が海外で作ってから円高を利用して日本へ持って来ると、そうすると要は結果として安いものになるわけですから、価格破壊という物に、我々もその波に乗っかって、それが自分の所に振り返ってくるという事で、結構上がり率が下がったり、商品単価が下がったりという事で、利益を圧迫する。それからいろんなもので、新しい新規事業もやっていかないといけないという事で、在庫は増える。すると、資金繰りが悪化するという事ですね。1990年の半ばから後半にかけては、そういった意味合いで、粗利率が下がる、思うようになかなか利益は上がらない、在庫は増えるという大変厳しい時代がありました。

【遠藤】

我々貝印グループ全体としてはですね、約1万アイテムの商品をやってるわけですね、大きな商品群としては、カミソリがあり、美粧用品という、美しく、化粧の粧って書きますけども、いわゆるビューティーケアですね、お洒落、いろんな美容に関する化粧品は我々やってませんけど、それに関連する道具から包丁を中心とした家庭用品、それからメスだとかそういった物の医療用品、これが私共の4大カテゴリーで、それぞれ商品が沢山あるわけですけども、貝印らしさとは何なのかと、商品としてどういうものが貝印らしい、貝印がやる意味は何なのかという事をですね。それぞれの商品群について深掘りをしていったという事が粗利的にも回復した、いろんな事業的にもですね、お客さんに貝印らしい商品って事をアピールする事で着実にご愛用頂けるというふうに繋がっていったのではないかなというふうに思いますけど。私共のコアの技術というのは、刃物を作る力、刃物を企画開発をして製品化していくという事なんですよね。で、今のカミソリは今のそのもののカミソリ、刃物そのものですけど、美粧用品って言うと、私共のコアっていうのは、爪切りだとか、ハサミだとかっていうものですよね、家庭用品だと包丁だとか、医療用品だといろんなメスだとか、これが中心にあるわけですけど、刃物だけでは、お客さんになかなかアピール出来ませんから、刃物を中心にしてそれがコアになって、総合的な提案を突き詰めて考えていったというのが、今でもそうですけども、そういった事で回復していったのではないかなと。

【遠藤】

私共、商品が核ですから、それ自身をどういう物を作っていくかっていう事が大切なので、私もよく言ってますのは、DNPSと、DUPSの最初のDってのは、デザインなんですね、やっぱりデザインが良い物でないとなかなかお客様に受け入れて貰えないって事で、デザインをもっともっとブラッシュアップしましょうと、考えましょうということで一番最初の要素です。2番目のUっていうのは、ユニークさで、やっぱり我々が出す以上、貝印らしさって事を申し上げましたけども、貝印らしいものは何なのか、その為にユニークなものを出していかないといけないという、そういった事で、これはイノベーションにも繋がると思いますけど、ユニークなものを出してくという事で、2番目がUという事で。3番目がPと言うのは、パテントですよね。我々自身のユニークさを保護する為に、特許とかパテントはどうしても必要なものですから、これはきちっと持たないといけない。最後のSっていうのは、セーフ、昔はセーフティ、安全だ、安全で安心なものを作って行かないといけない、今は当たり前の事ですから、今はストーリーと言うふうに置き換えてまして、やっぱり物語性だとか、いろんなものが我々の出す商品には含まれている。ただ単品のその機能だとか商品だけではなくて、それの周辺の物語みたいな、ストーリーみたいなものが、我々の商品には入ってるという、そういう開発視点だとか、企画視点で物作りをする、開発するというのが、貝印らしい商品というものに繋がっていったのではないかな。あくまで刃物を、刃物の技術を核にして、そういったDUPSという視点で物作りをしていくっていう形でやってきました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 遠藤 宏治
役職 代表取締役社長
生年月日 1955/10/21

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案