コンビ株式会社 ~50年以上支持される「コンビブランド」の源泉と成長戦略 ~

Vol.4 6時帰宅制度の真意と従業員への想い

コンビ株式会社 代表取締役社長 五嶋 啓伸 (2018年8月取材)

[もっとみる]

―6時帰宅制度の真意と従業員への想い―

【ナレーター】

言いたいことが言い合える自由闊達な社風がポイントだと語る五嶋。

その社風に合わせ、様々な制度を取り入れているのだが、意図としてユニークなのが、6UPという夕方6時の帰宅を推奨する制度だ。

【五嶋】

浦和のご自宅に住んでいる開発企画者がいるとします。そこから南浦和のテクノセンターの往復の通いだけだとなかなか世間の変化というのはわからない。

そこで、6UPの時間を有効に使っていただいて、例えば今日は表参道に出てみるとか。そうすると違う環境が見えてくる。

シーンが変わってくると色々なものが見えてくるので。そういう時間の使い方もしていかないと、新しいものはなかなか発見できませんね。

【ナレーター】

従業員への出産祝金や保育園への自社商品の寄付など、内外複合で子育て支援を行うコンビ。その想いに迫った。

【五嶋】

一時的なその金額のことよりも、ご出産されてから長く働ける環境のほうがやはり重要だと思いますね。

当社は複合体だと思っているので、彼女たちや男性社員、色々な方たちがそれぞれの役割を遂行することで成り立っている会社だと思うんですね。

ですので、特に女性の意見というのはこれからすごく大事になるし、育児環境を考える上では、我々が考えるのではなく、女性社員自らが「こういうところを変えていってほしい」と言ってもらったほうがいいと思っているので、ぜひ、そういう意見も自然に出てくるといいなと思いますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 五嶋 啓伸
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案