株式会社フェローテック ~世界シェア約7割の製品を保有。国内外の製造業を支えるトップメーカー~

反骨精神からの渡米

株式会社フェローテック 執行役員代表取締役社長 山村 章 (2016年12月取材)

[もっとみる]

―反骨精神からの渡米―

【聞き手】

それでは本日は、磁性流体応用製品メーカーとして世界トップシェアを誇る株式会社フェローテック、代表取締役社長、山村章社長にお話を伺っていきたいと思います。それでは山村社長、よろしくお願いいたします。

【山村】

よろしくお願いいたします。

【聞き手】

理系の道に進学されますが、理系分野にご興味があったのでしょうか?

【山村】

母親には医者になれと言われていましたが、慶応の志木高に入学しまして、「よく学び、よく遊び」の方で、運動もしていました。その中で理数系にいく、医学部・工学部にいく生徒だけ(集められ)1クラスだけ別にされるんです。何故そちらにいったかというと、数学が好きというか、努力の割に点数がよかったんです。それでそちらのほうが優しいと思い、いきました。医学部は、人の命を預かるのは恐れ多く、ドイツ語もやらなければなりません。工学部の方が数学の数は多いですし、数学は何もしなくてもAだったので、それで楽な道を選んだというのが高校から大学へのいきさつです。

【聞き手】

慶応大学の工学部で学ばれて、その後すぐに就職とは考えられなかったのですか?

【山村】

大学に入った当時からアメリカにいって学びたいという気持ちが強かったんです。その中でオプションとして慶応の大学院にいく道があったのですが、高校からずっと慶応だったので飽きてしまいましたし、何となく外に出たいという気持ちが強かった。それと、父がたまたま衆議院議員でして、「今日はどこそこの社長に会ってきて、お前のことをよろしく頼むと言っといた」と。当時は日本が高度成長期でしたので、技術職の働き先は結構ありました。わざわざ自慢げに言っていたらしいので、親の言うことを聞き、そのままどこに入っても親の力でというのは面白くないと思って、反骨心だけあったものですから、親の力の届かない外国に行ってしまえと(渡米を決意しました)。

【聞き手】

きっと山村家の期待の星として、ご両親も非常に期待されていらっしゃったのでしょうね。

【山村】

そうかもしれませんが、2年くらいで帰ってくるつもりだったのですが、15年間、アメリカにいたままでした。その間で1度だけしか帰国していません。

【聞き手】

お正月などにも帰国されなかったのでしょうか?

【山村】

お金がないので、帰れないような状態でした。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山村 章
役職 執行役員代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案