株式会社エコミック ~給与計算の受託サービスを展開。500社65,000人の処理実績~

Vol.3 事業

株式会社エコミック 代表取締役社長 熊谷 浩二 

[もっとみる]

事業(「給与計算のアウトソーシング」をさらに開拓、給与計算全体のアウトソーシングで他者との差別化を図る)

【熊谷】

(事業概要としては)給与計算のアウトソーシングというのがほとんど。

それに付随するシステム開発、人事、給与計算の元になる、個人情報というのは、そのまま人事情報と情報としては一元化できるので、その人事データベースをASPで管理するようなシステム、これの提供させて頂いるというのが仕事の内容。

現状は、給与計算のアウトソーシングの伸びというのが、まだまだいくと思っております。まだそこに資源を集中してやっていきたい。今、営業拠点が、本社の札幌、東京、大阪という状況。そもそも給与計算のアウトソーシングという仕事自体、給与計算がアウトソーシング出来るんだという、認知されているのはほとんど首都圏くらい、あとの地域というのが、この仕事というのは知られていない、まだまだ開拓の余地があるのかなと思っています。

給与計算の営業エリアをどんどん広げていく。この事業が、第一歩の方向性なんですね。

【熊谷】

給与計算に力を入れている企業のひとつとして、システム系の会社、大手銀行のシステム子会社、カード系の会社とか、システム子会社とかです。

そういったところが、給与計算というのをやっている。ソフト上で計算をする行為だけを、受託されている場合が多い。給与計算って結構大変なんです。システムに入力するまでの行為が大変なんです。我々はタイムカードで時間管理されているお客様であれば、タイムカードを郵送なりファクスで送って頂ければ、うちのほうで集計をして、うちのシステムに社員が入力、人の情報も入社情報であれば、極端な話、履歴書を送って頂く場合もあるんですけれども、送って頂ければうちの方で入力をして、登録をするところから始めますので、クライアントの給与計算担当者という方は、本当に必要なくなるという形になります。

結構、手間がかかることを受けるというのは、同業他者との違いです。手間がかかるとコストが高くなりがち、そこが我々の札幌でやっている強み、札幌の地価の安さとオペレーションも工夫。パートが給与計算をやっているという時点で、若干価格優位性はある。さらに効率良くやらせて頂くことによって、システムで計算をするという会社と比べても、絶対安い価格でも提供できるというのが他社との違いですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 熊谷 浩二
役職 代表取締役社長
生年月日 1971年4月10日
出身地 愛知県
出身校 一橋大学

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案