竹下製菓株式会社 ~創業120年。累計9億本を販売する『ブラックモンブラン』は九州人のソウルフード~

Vol.2 事業承継のエピソード

竹下製菓株式会社 代表取締役会長 竹下 敏昭 (2015年2月取材)

[もっとみる]

―事業承継のエピソード―

【聞き手】

四代目とのお話ですけども小さなことから会社を継ごうという思いはありましたか?

【竹下】

子供のころからお菓子の工場が遊び場という世界にいたので経営ではなく「お菓子屋」として続けていく意識だった。大学出てからも実家に戻ってお菓子の仕事をすることは少しも抵抗はなくてむしろ面白かったです。

【聞き手】

では潜在的に将来の道は決まっていた。

【竹下】

そうですね、長男なので家業を継いでいこうと思っていました。当時の業態は家業に近いスタイルだったので父の仕事を引き継いでやっていこうと思っていた。その当時40から50人ほど従業員がいたので家業を引き継ぐというのは大変だと思いながらやりがいのある仕事と思っていました。

【聞き手】

学校卒業してご実家に戻られてお父様と一緒にやられている中で大変はことやイメージと違うことはありましたか?

【竹下】

父と年齢的なギャップがありますから、私とはものの考え方に違いがあったので若さは当然もっていましたからね。

【聞き手】

お父様は経営者でありながら職人さんでしたということですね。

【竹下】

はい、味に対してはうるさかったですね。アイスクリームなどの商品開発をはじめたのは父でしたのでそういう意味では先見の明があったし時代を読む経営者感覚をもっていましたね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 竹下 敏昭
役職 代表取締役会長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案