山芳製菓株式会社 ~『わさビーフ』のヒットから学ぶ、顧客に感動を与える商品開発の極意~

Vol.1 食品会社での経験と山芳製菓で感じたギャップ

山芳製菓株式会社 代表取締役会長兼社長 山﨑 光博 (2016年6月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

本日はポテトチップス業界で第3位、代表作『わさビーフ』で有名な山芳製菓株式会社代表取締役会長兼社長山崎光博会長にお話を伺って行きたいと思います。それでは会長よろしくお願いします。

-食品会社での経験と山芳製菓で感じたギャップ-

【聞き手】

今日はこちら本社、東京都の板橋区の常盤台というところにお邪魔しているのですが、ご創業もこちらですか。

【山﨑】

いえ、創業は文京区に本駒込って場所があるのですけれど、そこがうちの父が昭和28年に創業した場所です。

【聞き手】

ご自身は長男ということで、後を継ぐという意識はおありだったのですか。

【山﨑】

小さい時は言われていましたよ。お前が後を継ぐのだって。でも漠然としていました。あまり実感がなかったけど、高校の時に、大学をどうしようかと考えたときに自分はどっちの方向に進んだ方がいいだろうという時に、やっぱりうちの会社を継ごうと思って、そこで決心しましたね。

【聞き手】

すぐに学校を卒業して会社に入られたわけではないのですよね。

【山﨑】

不二家さんに5年間お世話になりました。

【聞き手】

サラリーマンは何年くらい経験されたのですか。

【山﨑】

5年間です。

【聞き手】

5年間のサラリーマン生活はいかがでしたか。

【山﨑】

どうせだったら営業をさせてくださいと。そして営業ならば大阪がいいだろうって、導入研修が4月に入社して、10月まで導入研修があって。10月に大阪に営業として赴任させていただいて、寮生活でした。そのあと本社に戻ってきて営業関係だとか、開発関係だとか、教えていただきました。

【聞き手】

関西は営業では厳しい環境があると。

【山﨑】

そう思っていましたからね。だけど私はとってもわくわくしていきましたね。楽しいな、楽しみだなって。どんな人達と会えるのだろう、どんなところなんだろうってそういう思いでいきました。大阪商法ってこういうことなのだなと学ばせてもらったし。たくさん良い人たちに巡り合えたし。私の中では大阪って第二の故郷だなって思うまでに至っていますね。

【聞き手】

すごくいい時間を過ごされたのですね。

【山﨑】

そうですね、はい。

【聞き手】

ブランド力がとてもあるというところでやっておられて、今度はご自身の家業としてらっしゃる会社に戻ってきたわけですよね。またちょっと違ったイメージがあると思うのですが、その辺りのギャップというのはありましたか。

【山﨑】

まあすごいギャップですよ。企業の規模も全然違いますしね。そんな中で我々の独自の色を出していかないとだめなのだろうなと、その独自の色というのは社員さん達だろうなと。社員さん達がどんなふうにモチベーションを上げてくれるか、能力を上げてもらえるかとういうことが一番大事だろうなと思いましたね。そこにずいぶん腐心してきたというところです。

【聞き手】

戻って来られてすぐの時というのは、どういうお立場で、どういうお仕事をするために戻って来られた形ですか。

【山﨑】

その頃は埼玉に工場が1個だけあったので、そこに行きまして、何もわからないくせに専務で入りました

【聞き手】

専務として入られたのですね。

【山﨑】

そうですね。はい。22歳で不二家にお世話になって、27歳でうちの会社に入り同時に結婚して。という風なかたちで専務として入ってきました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山﨑 光博
役職 代表取締役会長兼社長
生年月日 1954/10/8

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案