山芳製菓株式会社 ~『わさビーフ』のヒットから学ぶ、顧客に感動を与える商品開発の極意~

Vol.6 共感される商品づくりと視聴者へのメッセージ

山芳製菓株式会社 代表取締役会長兼社長 山﨑 光博 (2016年6月取材)

[もっとみる]

-共感される商品づくりと視聴者へのメッセージ-

【聞き手】

日本は少子高齢化で人口がどんどん少なくなるといわれていますが、そういった中で市場を海外に求めていくということについて、どうお考えですか。

【山﨑】

海外に向けて事業展開をさせていただいています。まだ大きな金額ではないけれども、もっともっとやっていきたいと思っています。しかし国内でも、やっぱり年齢構成が変わってくるので、50年ぐらい前だったら、その時の60歳の人達はポテトチップスを食べたことがない、食べる気もしないという世界だったかもしれないけれど、今の50歳、60歳の人はポテトチップスが生活の中に入っていますからね。やっぱり消費者の幅が上がっていると思うのです。そういう人たち向けの商品は必ずしも健康かどうかはわからないけれども、そういった商品もあるだろうし、40代くらいの人達は結構食べてくださっていると思います。

そういう人達に、自分たちに向けてつくっている商品だというような共感を得ていただけるようなものをつくっていきたいなと思いますね。それが、こういうものが求められていたという声があればね、それこそまさにその人に対しての保険になるし、お役立ちだと思うのですよ。食べたらまずいって言われたらだめなのだけど、食べてなるほどというものであればね。

【聞き手】

今日は色々とお話伺ってまいりましたが、最後に御社に興味をもっている、それこそ御社で働いてみたいというような方や、あとは御社の製品が好きで、消費者として御社を応援していらっしゃる視聴者にメッセージを一言頂戴できますか。

【山﨑】

一生懸命ですね。皆さんに喜んでいただける、自分勝手かもしれないけど、私たちが考える私たちの仕組みの中で考える、お客様に喜んでいただける商品をみんなで一生懸命考えてつくっていますので、お買い求めいただければありがたいです。違うじゃないかというご意見があったらどんどん遠慮なくおっしゃっていただきたいですね。

それから、うちに入社していただきたいという方、そういう人達に向けては、私はいつも思うのですよね。お客様に喜んでもらいたい、人に喜んでいただきたい、そういった同じ思いを持っている人に来ていただくのがいいと思いますね。うちの社員の話ですけども、よくブランドは、テレビ宣伝だとか雑誌広告だとか、そういうものでつくっていくというイメージがある、実際にはそうなのだけれども、本当は人がつくっていくのではないかと思うのですね。

どういうことかというと、例えば、A社というのがあって、すごく評判がいい、ところが、A社の社員たちがうちの隣に住んでいて、「とても嫌なやつなんだよ、こいつ」と言ったら、いくらA社が世界的に認められている会社だといわれても、俺は個人的に好きじゃない。逆にあまり名前も知られていない会社があったとしても、隣に住んでいる◯◯という人はとても感じがいいよね、と思うとファンになっていく。やっぱりブランドだとか、イメージとかは人がつくる、人しかつくれないと思いますね。みんな1人1人がどんな気持ちで働くか、どういう気持ちで外と外の人達と接しているかはとても大事だと思う。新しくうちに来てくれる方は、そうだよなと思える方に来てもらいたいと思いますね。

【聞き手】

そういう仲間がたくさん増えて、また世の中をあっと驚かせる面白い商品がたくさん生まれていくことを心から期待しています。本日はたくさんお話をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。

【山﨑】

ありがとうございます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山﨑 光博
役職 代表取締役会長兼社長
生年月日 1954/10/8

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案