山芳製菓株式会社 ~『わさビーフ』のヒットから学ぶ、顧客に感動を与える商品開発の極意~

Vol.4 「人につくし人をつくる」経営理念

山芳製菓株式会社 代表取締役会長兼社長 山﨑 光博 (2016年6月取材)

[もっとみる]

「人につくし 人をつくる」経営理念

【聞き手】

ものをつくる時の山芳製菓の根底にあるものはなんですか。ものづくりでここだけはと思っていらっしゃることは。

【山﨑】

当たり前のことだろうけど、安心、安全、正直ってところが本当のベースにある。そして、うちのクレドといって、信条は「健やかなおいしさづくり」をしていきたい。「健やかなおいしさづくり」というと、違うかもしれない。健康という言葉を健やかっていう言葉に変えています。良薬は口に苦しなのかもしれないけれど、体に良いものはおいしいのではないかと思うのですね。本当に身体に良い、おいしいものをつくっていきたいなというところから、「健やかなおいしさづくり」というモットーにしていますね。

我々の押しつけもあるのだけれど、おいしさというのはとても大事でね。私がおいしいと思う、うちの人間がおいしいと思うも大事だけど、やっぱりモニタリングとかしながら私たちの意図を受け止められる、受けとめてもらえるのだろうかということで、モニタリングも大事時だなと。これからも色々とやっていくつもりではいるのですが、基本的には我が社の人間が、自分の足で実際に消費者の方にお会いして、生の声を聞いていくということを重視しています。

【聞き手】

マーケディング会社にお願いするのは簡単だと思います。そして、上がってきたデータを見るだけでは、社員の方では感じ取れないものがあるので自分たちの足で町の声を集めるのを心掛けている。

【山﨑】

そうですね。足でそういった情報を取るのも、もちろん大事だし、それからそういう会社さんにお願いすることもゼロじゃなくてね、意味もあると思います。それからそういったものをベースに町をウォッチングしていくとか、あるいはそのターゲットの人達の中に入っていって、ポテトチップスだけではなくて、一般的なよもやま話もしてくるという。そういう色々と多角的に情報を取ってくることが大事ではないかと思いますね。

それから、あるいは逆にもう1つの切り口として、「これはおいしいらしいよ、だからどう?」といっても、やっぱり弱いですよね。「自分がこれを食べたい、すごくおいしい。だからどう?」というほうが強いと思うのですよ。ですから、なにを食べたい、どんなものをつくりたい、この思いも大事だと思います。

【聞き手】

売れるものをつくらないといけないというような意識はおありですか。

【山﨑】

これはいつも言っているのだけど、なかなか浸透していないかもしれない。営業会議があったり、マーケティングの開発の会議があったり、役員会議があったり、色々な会議があります。マーケティングの会議は、私は当たり前だと思うのだけど、こちらからの目線で、お客様にどういうふうに売っていくかというのも大事は大事です。しかし、例えばお客様の目線に立った時に、どうしたら売れるか、どうしたら売り上げが上がるか、どうしたら結果として利益が出るかということを一生懸命考えているA社と、お客様がどうしたら喜んでいただける、どうしたらお役に立つ、どうしたらお客様を驚かすことができる、そういうことを一生懸命考えているB社があるとする。普通は見えませんよ。万が一、もし見えたとしたら、お客様はどっちを選ぶという話なんです。私は間違いなくB社だと思うんです。

それは企業の姿勢だとか、パッケージだとか、名前だとか、味だとかに知らず知らずに出てくるところがあるのではないかと思うんですね。ですから、売れることも大事だけど消費者の方にどれだけ受け入れてもらえるかということの結果だと思うのですね。それだって売れることと一緒でしょうと言われたらそれまでだけれど、私はその基本的な姿勢は違うと思うんですよね。

【聞き手】

そういったお考えが御社の理念である、「人につくし、人をつくる」というようなところにもつながっていくのですかね。

【山﨑】

そうですね。埼玉工場でつくったものなのですが、ずっと変えてきていません。しかし、最近思うのは、ある女性の経営者が、そこの会社の経営理念が「愛」だというんですよ。愛はすべてを表すと言いますが、自分がいいと思えばいいし、社員達もいいと思うのだったら、それはそれでいいと思いました。私は今の「人につくし人をつくる」といううちの理念に「愛をもって」という言葉を入れようかなと思っています。「愛をもって、人につくしていく」という、あるいは「誠実に」という言葉がいいと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山﨑 光博
役職 代表取締役会長兼社長
生年月日 1954/10/8

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案