株式会社ププレひまわり ~1地域密着経営でドラッグストアを90店舗展開。売上350億円~

Vol.3 教育と雇用について

株式会社ププレひまわり 代表取締役会長 梶原 秀樹 (2015年1月取材)

[もっとみる]

―教育と雇用について―

【聞き手】

御社の店舗は専門知識をもった社員が多いイメージで、ものすごく教育に力を入れていますよね。研修の項目がものすごくあって、こういったところは社長の方針ですか?

【梶原】

ドラックストアの店員は専門知識も必要です。それとうちに入社して知識を増やすことでお客様のニーズに応えられる、と考えているため教育にはかなり力を入れています。

【聞き手】

女性の働き方にも力を入れていますよね。

【梶原】

マネジメントできる女性も多く女性に活躍が非常に会社の力になっている。最近はバイタリティあふれる女性も多く、そういう女性が接客することで地域社会から評価を得られると思うので教育にはずいぶん力を入れています。

【聞き手】

女性のお客様が非常に多いですよね。

【梶原】

95%が女性ですね。

【聞き手】

奥様の影響があると思いますが、今は相談役とのことでいかがですか?

【梶原】

薬剤師ですからドラックストアに初めは批判的でしたね。

【聞き手】

奥様からの専門的な意見を取り入れられているという事で、女性としてずっと働いてきたので、御社の女性の教育にも力を入れてこられたわけですかね。

【梶原】

いままでは標準化と単純化と専門性の3つを押さえて、できるだけ標準化した店造りをすることで効率を上げていくという考え方だったのですが、最近は地域地域のニーズにあった店づくりをしないとお客様のニーズに応えられないのではないかと思い、そのあたりで教育にも店ありきの教育をするよう、今は進めています。

【聞き手】

社長から見て社風はいかがですか?

【梶原】

社員がまじめですよね。まじめさだけでもいけないですがね。色々ありますよ。

【聞き手】

ご自身の性格はどう感じておられますか?

【梶原】

真面目でしょうかね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 梶原 秀樹
役職 代表取締役会長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案