山下医科器械株式会社 ~上場直後に襲った倒産危機。社長の苦悩と導き出した答え~

Vol.6 視聴者へのメッセージ

山下医科器械株式会社 代表取締役社長 山下 尚登 (2015年7月取材)

[もっとみる]

-視聴者へのメッセージ-

【聞き手】

このVTRは、特に今就職活動をされている学生さんに、業界が発展していくということで非常に注目をされていますので、こういった業界の中で働いてみたいと思われる方もご覧になっていると思います。最後になりますが、これからこの会社をどう成長させていきたいかということをメッセージとしていただけますか。

【山下】

私は高校、大学時代にバドミントンをやっていました。高校もそうでしたが、特に大学では、「絶対諦めるな」と言われました。スマッシュなどの攻撃もあるのですが、レシーブというのが大事なのですよね。熊本弁で「ばたぐるって(暴れて)でも拾え」ととにかく先輩から言われまして。ラケットは1センチくらいの厚みしかないのですが、それが床とシャトルの隙間に入るのであれば、そこまで拾えと。

【聞き手】

どんなことがあっても、とにかく拾えと。

【山下】

「その可能性をちゃんと信じろ」「そこまで鍛えろ」ということなのです。「できませんというな」というと変なのですが、絶対に可能性を否定してはいけないと。新幹線をつくった島秀雄さんという方は、父親の安次郎さんと共に親子で高速鉄道に携わった方なのですが、彼が「できるというのは簡単だ。色々な選択肢にチャレンジをして一つ二つやってみて、できたということは言いやすい。逆にできないというのはできると言うより難しい。なぜかというと、色々な選択肢を全部やって、初めてできませんと言える」と。ですからこれにも通じるのですが、できませんと言うことはとても難しいことなのだということなのですね。可能性があるものにふたをしてはいけない、つぶしてはいけないということだと思うのです。人それぞれ可能性を持っているので、その可能性を信じて最後までラケット1枚が入るまで頑張らないといけないということだと思います。そういう頑張りの中で、当社としては、地域医療に貢献をしていくということです。色々な技術が発展していく後押しもありますし、そういう中である種の夢を描いて、できることを色々なものでチャレンジしていきたい、最終的に地域医療に貢献していきたいと考えています。

【聞き手】

これから成長される企業だけあって、新しく入られる方にも色々なチャンスがあるわけですよね。

【山下】

そうですね。色々なことにますますチャレンジしていきたいと思います。そういう希望を持って、うちに入っていただける方ともそうですし、一般の方々とも良い日本の社会を一緒につくっていきたいと思います。

【聞き手】

成長するこの業界の中で、九州を代表する企業として、これからもますます発展されることを心から楽しみにしています。本当に色々と話を聞かせていただいてありがとうございました。

【山下】

どうもありがとうございました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山下 尚登
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案