株式会社VOYAGE GROUP ~結実した3つの挑戦。創業者が語る成長の秘密とは~

Vol.4 「狩猟民族」と「農耕民族」

株式会社VOYAGE GROUP 代表取締役社長兼CEO 宇佐美 進典 (2018年1月取材)

[もっとみる]

―「狩猟民族」と「農耕民族」―

【ナレーター】

人材について、「狩猟民族」と「農耕民族」という独自の表現を用いて語る宇佐美。その意味とチャレンジした3つのこととは。

【宇佐美】

まず1つは、採用にもっと力を入れていく取り組みを特に2005、6年くらいから進めていきました。もともとメディアのビジネスから始まっていたので、メディアのビジネスは、どうしてもそこで働く人たちというのは、コツコツいいものを作って、それで日々改善しながら事業を作っていくということに面白みを感じる人たちが多いので、結果として農耕民族的なカルチャーになりやすいのですね。一方で例えば、代理店の会社さんなど、比較的営業会社になると、狩猟民族的に「今日はマンモス獲りに行くぞ」「獲ったぞー」というような、そういうカルチャーになりやすいです。2つ目のチャレンジとしてあったのは、農耕民族的なカルチャーをいかに狩猟民族的なカルチャーとミックスにしていくのか。農耕民族は農耕民族で良いのですけども、やはり新しいチャレンジをしにくくなってしまったりします。新しいチャレンジをするときにはどうしても狩猟民族的な要素が必要になってくるので、これをどうミックスさせていくのかというのが、2つ目の大きなチャレンジだったと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 宇佐美 進典
役職 代表取締役社長兼CEO
生年月日 1972/10/12

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案