株式会社VOYAGE GROUP ~結実した3つの挑戦。創業者が語る成長の秘密とは~

Vol.2 想定外だった上場後の景色

株式会社VOYAGE GROUP 代表取締役社長兼CEO 宇佐美 進典 (2018年1月取材)

[もっとみる]

―想定外だった上場後の景色―

【ナレーター】

2014年、東証マザーズへの上場を果たしたVOYAGE GROUP。この1つの節目を宇佐美はこう振り返る。

【宇佐美】

創業してから15年と、非常に長くかかってしまったと思ってはいます。正直上場したからといって前後のところで大きく変わったかといわれると、それほど感じることはありません。どちらかというと上場したからというよりも、上場を目指すプロセスのところで変化があったと思います。社会的に求められるレベルがより高くなっていく中で、社内の業務の流れや仕組といったものをきちんと求められるレベルに合わせていくというところ自体は、社内の人にとってみると、今まで全部自由にできていたことが、自由にできなくなったとか、そういった部分はあったのかもしれないですね。ある意味、そういった社内の体制を整えるということは、色々なリスクを減らしていくと思います。何かをやるときにきちんと事前に許可が必要であるとか、そういう手続き的なことをつくっていくというのは「面倒くさい」とか「なんでこんなことをしなければいけないの」となりがちですけど、それは全体からみるとリスクを減らして、よりそういった社会に求められるルールの中できちんと結果を出していくという形になっていくので、これはプラスに働いているのではないかとは思います。

創業時の「上場を目指す」というところに関しては、ある意味そこに山があるから登りたいというような、登って頂上からの景色を見てみたいという、ある意味ロマンでしかないと思いますすね。いざ実際、当初想定していた山の頂上に立って登ってみたときに、当然周りを見渡してみたら、もっと高い山や、上を見たら月がある、宇宙があるとか、全然違う世界がやはりあって、自分が見えていた世界が本当にまだまだ、一部の小さな世界だったのだなというのは感じますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 宇佐美 進典
役職 代表取締役社長兼CEO
生年月日 1972/10/12

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案