株式会社マネーフォワード ~ITで世界の会計を変える!Fintechの雄が語る変革のカラクリ~

Vol.4 今後の展望と組織マネジメント

株式会社マネーフォワード 代表取締役社長CEO 辻 庸介 (2015年9月取材)

[もっとみる]

-今後の展望と組織マネジメント-

【聞き手】

お金というのに着目されたというのは、経理のご経験があったり、証券会社にいらっしゃったりというようなところから着想があったんでしょうか?

【辻】

そうですね。ビジネスを考える時に自分が知っている分野、自分が深く携わっている分野じゃないと、問題解決までいけないので、やはりそこは金融とITという軸で世の中の役に立ちたいと思ったので、そこでビジネスをやろうと思いましたね。

【聞き手】

単純にお金を起点に、今自分がいくら使って、いくら持っていてと分かるだけではなく、もっとサービスとしてこれから広がっていきますよね。

【辻】

今はユーザーの個人向けのビジネスですけれど、ユーザーの過去と現在をある程度整理できるようになったので、次は未来の改善をしたいです。未来といっても、お金は結構広く、お金を貯めるのはとてもシンプルで、収入を増やすか、支出を減らすか、資産を運用して増やすかの3つしか方法がないんですね。それぞれの軸でサービスを提供していきたくて、そこを今、悩んで考えています。

【聞き手】

個人向けの財務諸表、BSとかBLとかキャッシュフローとかを可視化し、しかも、日常的に使っているスマートフォンやタブレットで、簡単に気軽に見られるようなそういったものをつくっていくという感じですよね。

【辻】

そうですね。あとは資産運用したい人がどうしたらいいとか、住宅ローンのベストなものは何だろうとか、生命保険をどうしたらいいのかとか、老後が心配だとか、そういう問題を解決したいんです。言うのは簡単で、実行するのは大変なんですけど、今回SBI様とか静岡銀行様から出資頂いて、業務資本提携でやるというのも、そういう狙いがありますね。

【聞き手】

先程、広報の方にお伺いしたら、ご入社された1年前は、まだ十数名だったところが、この1年弱で、今100名を超える社員数になって、ものすごく大きな急成長カーブを描いてらしていますけれど、増えることによって逆に今困っていらっしゃることだったり、例えば、教育だったり、理念の浸透だったりというのはありますか?

【辻】

それはありますね。よくあることで人が増えると、そういう共通認識が薄くなるとか、その組織をどのようにつくるかとか、意思決定の件をどうするかとか、当然人が増えたら起こる問題は色々あります。それは別に誰が悪いとかなくて、起こるべくして起こることなので、それは先手を打って、決めていくというのが大事です。

【聞き手】

急激に組織が拡大していくというのを、実際にマネックスで肌で体感されてらっしゃるわけですよね。

【辻】

そうですね。ですので、そこの経験は大きいと思いますけどね。そこはうちの人事のメンバーが中心になって、その課題をワントゥーワンで、全員の社員と話をして、良いところ、悪いところの課題を出して改善していっています。本当に地道なことをやっていますね。

【聞き手】

社内には社長室などはないと伺っているのですが、皆さんと同じフラットなところに、ご自身も机を置いて仕事をしていらっしゃると伺っています。

周りに沢山、常に人がいて、話が出来る環境があるからこそ、現場で起こっている問題がすぐ監視できたりとか、ご自身が思ったことをすぐ伝えられたりというのもあるわけですよね。

【辻】

そうですね。ですから、雰囲気とかコミュニケーションは会社にとって本当に大事だと思っていて、実はその誰かが言っていることをどこかでみんなの耳に入っていて、それが共通認識として入っていたりするじゃないですか。

例えば、あの人忙しそうに頑張っているとか、実はそういうことって、暗黙の共通認識としてすごく重要で、何かをする時にそこのコミュニケーションって、本当にスピード感を持って、良いプロダクトをユーザーの声を聞きながら出していくということにおいてすごく大事だと思います。

ある意味、特に昔ですと、ピラミッド型の組織で、上が偉いと。それで、情報も上がたくさん持っていて、情報を上から出していくというような、命令系統がある感じだと思うんです。インターネットでその情報共有は一瞬で終わるようになりましたし、上は情報を握れなくなりましたし、更に世の中のスピードの変化は早いので、そのユーザーからのレスポンスに対してすぐに対応しないといけない。そう考えると、そのピラミッドの組織じゃなくて、各チームがアメーバのように繋がっていって、それぞれが自己決定していくという組織の方が、インターネット社会では優秀な人が集まって結果が出しやすいと僕は思っていて、そういう組織をつくりたいと思ってやっていますね。

ただ、今社長というのも役割やビジョンとかパッションを伝える存在であって、別に偉いとか偉くないとかそんな話ではないので、そういう組織、今のインターネットで、ソフトウェアで新しいものをつくっていく、イノベーティブをつくっていくべき組織体形をつくるということは、すごく意識していますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 辻 庸介
役職 代表取締役社長CEO

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案