八海醸造株式会社/株式会社八海山 ~日本酒『八海山』でお馴染み。世界へ挑戦する新潟の酒造会社~

Vol.3 父から受け継いだ組織づくりの考え方

八海醸造株式会社/株式会社八海山 代表取締役 南雲 二郎 (2015年9月取材)

[もっとみる]

―父から受け継いだ組織づくりの考え方―

【聞き手】

お父様がご引退されるという話になった時に、そのお父様の周りにいらっしゃって、ずっと支えておられた方々も、じゃあ俺達もみんな引退しようかというような話になったと伺いました。

【南雲】

そうなんですよ。

【聞き手】

そのくらい本当に強い絆で結ばれていたのですね。

【南雲】

先程も少し話しましたけど、父親が社長で、富所吉五郎という人が専務で、丸山孝雄さんという方が製品化、瓶詰めの担当で、高浜治夫さんという人が製造部で、南雲愛は母親ですけれど、接待係なんですよ。この5人の絆というのがすごかった。父親が亡くなる直前まで、富所吉五郎さん、吉五郎さんという名前なので、五郎さんって呼ぶんですね。「五郎さん、俺はどうも駄目みたいだ」って言っていたらしいんですよ。そのことを僕は五郎さんから聞いたんです。

「次郎くん、お父さんは弱気になってるぞ」って言われて、「そうですか」って。ですから、その5人の絆というのが、親子、僕と父親の関係よりも、相当深いものがあると思うんですよね。ですから、5人でつくった会社だと思いますよ。

【聞き手】

チームでやっていらっしゃった時からすると、今はどうなのでしょうか。また同じように、それぞれの長の方々と、チームとしてやっていらっしゃるのか、またちょっと違った組織帯といいますか、そういう形でやっていらっしゃるのか。

【南雲】

その当時は、今の100分の1以下ですから、営業面においてはもっと小さいわけですよね、ですから、5人で一生懸命同じ方向に向かってやっていこうということが、今のうちの組織のつながりよりもきっと強かったでしょう。その絆が今の土台になったわけでしょうから、今は基本的には分業制で、その場所、その場所を長に対して全て任せていくという基本的な考え方を引き継いでいますね。

営業部長はこの東京営業所に席を持って全体を見ていますし、彼と僕は週に2、3回は会って、彼の考え方も聞き、彼の将来的な展望だとかそういうことも聞いて、お互いに同じ価値観で営業をやっていこうということになっています。

また、ここの東京営業所には東京営業所長というのがいて、営業本部長と営業所長は多分そういう関係でいて欲しいと思っていますし、それは八海醸造といいますか、株式会社八海山の伝統として、もっと発展させていかなければいけないと思っています。人を育てていく、組織力を強化していくということは、未来永劫の課題、会社経営に対しての、大きな課題ですから、そこは相当力を入れて、気をつけてやっています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 南雲 二郎
役職 代表取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案