株式会社ブシロード ~発売半年で売り上げ枚数6億枚。カードゲームから始まった快進撃の全容~

Vol.2 ブシロード誕生秘話

株式会社ブシロード 元代表取締役社長 木谷 高明 (2015年10月取材)

[もっとみる]

―ブシロード誕生秘話―

【聞き手】

証券マンとして、このままいくのではなく、別の道を歩みたいなというふうに思い始められたのは、いつ頃なんでしょうか。

【木谷】

元から僕は会社を作りたかったんですよ、学生時代から。

【聞き手】

そうなんですか。

【木谷】

それで、証券マンになったのもあります。色々勉強になるだろうなと思って。なので、どちらかというと証券マンが嫌だったわけではないですね。やってみたかったんですね。証券マンは、僕は面白かったです。いろんな部署も経験できたし、非常に会社にはよくしてもらったなと思っていて。でもやはりどうしても自分でやりたいなと思うところが勝っちゃったという感じ。小学校5年か4年か忘れたんですが、将来の夢「大会社の社長」と書いているんですね。

【聞き手】

なるほどですね。

【木谷】

組織を創るのが好きなんですね。ゼロから組織を創って、伸ばしていくっていうこの角度がとても好きですね。

【聞き手】

昔からそういうのが好きで、やるのであれば今しかないというところで。

【木谷】

歴史ドラマでもコミックでも色々ありますけど、仲間がだんだん増えていくストーリーってあるじゃないですか。ああいうストーリーが大好きですね。1人2人から始まって、仲間が10人くらいになっていくような、ああいうストーリーがとても好きですね。

【聞き手】

実際に辞めて、起業するぞという時には、やりたいことというか、このビジネスで行こうというふうに決めてらっしゃったところがありましたか。

【木谷】

いや、辞める半年前くらいですね。こちらの方向でと思ったのは。

【聞き手】

ようやく方向性が固まってという。

【木谷】

固まってというか、勝算があるわけでもないですし、何も知らないジャンルですし、今はこういった商品なんて、それっぽくなっていますが、最初、前の会社の最初はもっと全然同人誌の即売とかそういうのから始めてますから。

【聞き手】

同人誌の即売会場に行かれて、そこで黒山の人だかりを見て、こんなに人が集まるんだったら何かできるんじゃないかと思われたと。

【木谷】

"僕は例えばこの本は650円でこれだけの厚さじゃないですか。同人誌って、これくらいの厚さで1000円くらいじゃないですか。それが付加価値だと思ったんです。それを買う人がいるわけですよ。
なので、皆商売って付加価値の低いものを選ぶんですね。付加価値の低いものというのは一般的なものですよ。
例えば、言ってしまっていいのか分からないですが、コンビニのオーナーになるのは付加価値は低いじゃないですか。でも人に説明するのは簡単じゃないですか。だから脱サラしてコンビニのオーナーになるぞって、僕からするとそれは独立じゃないんですね。サラリーマンじゃなくなるかもしれないですけども。なので、その付加価値の高さを魅力として感じたんですね。こういうのを買う人がいるんだと。

【聞き手】

それをビジネスとしてやっていこうということで、始められたのが、「ブロッコリー」という会社で。

【木谷】

とりあえずやってみようと思ったんです。それをずっと続けていくとかそういうことではなくて、それをやってみたら何か分かることがあるんじゃないかなと。

【聞き手】

それで以前最初に始められた会社から離れられることになって、その時のご心境として、よしもう一度自分でまた新たに立ち上げて、やるぞというふうな、そういうお気持ちだったんですか。

【木谷】

離れることになった瞬間は、半分は寂しかったですね。自分の作った会社を離れるんだと。
半分は「ラッキーもう1回できる」と思いましたね。

【聞き手】

なるほど。

【木谷】

要するにもう1回広いキャンバスに絵を描けるということですよね。すでに描いてあったら、その上を直すくらいしかできないじゃないですか。それよりも、もう一度白いところから描いたほうが良い絵が描けるんじゃないかと思いましたね。前向きに考えるほうなので。

【聞き手】

割と何でもポジティブに

【木谷】

そうですね。愚痴りながらもポジティブに。

【聞き手】

「ブシロード」立ち上げるぞってなった時に、どういう会社を作りたいというのは、ありましたか。

【木谷】

最初は社員、十何人くらいでのんびりやりたいなと思ったんですけども、そうではなくて、十何人だったのは最初の1年くらいだったのですが。

【聞き手】

本当に倍々といった形で。

【木谷】

売り上げも、人もね。どんどん増えていって。
行きついた先でやりたいこと見つけてしまうんですね。これを抑えるのも弊社の能力の1つですね。
やりたいことを抑える、大切だと思いますよ。組織全体でついていけるか分からないじゃないですか。
前の会社でもやってないんですけども、本業とあまりにも関係ないことじゃやらないだとか、自分の不得意なことはやってはだめだと。結局僕は小売が不得意だったんですよ。メーカーって5つ作品があるとするじゃないですか。1個当たれば他が全部外れても良いわけなんですよ。でも小売って4つ勝っても、1つ負ければ全部利益が吹っ飛んでしまいますよね。値幅が非常に狭いので。それを緻密にきちんとやるということは僕はあまり向いていないので、メーカーのほうがいいなと。

【聞き手】

ヒットというのは、ずっと続かないので。

【木谷】

3つくらい続けて当てると自分は天才じゃないかと思ってくるんですよ。

【聞き手】

でも当たってましたものね。

【木谷】

3つくらい続けて当たったんですよ。そのあとが膨らんでやっているじゃないですか。きつかったですよ4期連続赤字でね、親会社に掛け合ってね。
ようやく黒字にしたと思ったら、辞めなければいけなくなってね。経営者として未熟だったんですよね。単についていただけだという。前の会社はそう思いますよ。

【聞き手】

今度こそはもっと、きちんと自分で計画的に作り上げていって、というふうに。

【木谷】

そうですね、今回はアクセルを踏むのとブレーキを踏むのがだいぶ巧くなったかなという。どの辺まで踏み込んでいいかなと、ギリギリまで踏めるわけですよね。まずいと思ったらすぐにブレーキを踏むというのは、できてきたかなというふうには思いますけどね。

【聞き手】

ブシロードでやってきたことと、以前のブロッコリーとの決定的に違うことと言うのは、どういうことなんでしょうか。

【木谷】

まずはカードゲームに特化したということですね、最初は。今でも海外を合わせてですけどもカードゲームの売上比率が55パーセントくらいあるんですよね。売り上げが210億くらいですけどもそれでも55パーセントがカードゲームの売り上げなので、カードゲームに特化してやったことが、結果企業が成長できた要因だと思いますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 木谷 高明
役職 元代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案