株式会社イトーキ ~売上高1,000億超、創業120年超のオフィス家具、事務用品の老舗企業~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

Vol.1 “禅”の教えと銀行への入行

株式会社イトーキ 代表取締役会長 山田 匡通 (2016年3月取材)

[もっとみる]

プロローグ

【聞き手】

ファシリティ環境の提供を通じて企業や人々の仕事を支え続けて126年目株式会社イトーキ、代表取締役会長、山田匡通会長に本日はお話を伺っていきたいと思います。それでは山田会長、宜しく願い致します。

”禅”の教えと銀行への入行

【山田】

山田家っていうのは、ひいじいさんが二本松というところで、製糸工場を作ったかなりその頃のベンチャーの立ち上げに成功した人、日本で初めて株式会社を作ったと言われています。私共のひいじいさんが作った二本松製糸工場っていうんですけど、これがにほんで始めての株式会社と言われてますけれども。
それを作って、海外に展開した人ですね、ニューヨークにまで行って、事業をニューヨークで展開したような人ですから、成功していたんですね、二本松はあんまりこういうことを自慢するのはおかしいけれども、非常に成功して、それはやはり戦後、すべて失うってことになりましてね、それで何のための人生かってところから、彼は、父親は禅に入っていったんですね。相当真剣に進めてきたものですから、その影響を受けて僕ももちろんやったと。
やはり終戦という一つの大きな人生の大転換がですね、私の父親を禅に導いたってことと同時に私の母親は医者でしたから、それを健康の面でささえながら、医者としての事業を同時にやりながらですね、父親を支えたっていうこういう環境ですね。

【聞き手】

禅問答というか本当に、そういうことをされることによって、自己を内省するというか、自分について深く考えるというのは、割と小さいころから癖のように。

【山田】

そうですね。色んな子供の時代を皆さん過ごして、僕の場合にはやっぱり終戦後のそういう挫折のなかで、一番若い3さいから4歳までを過ごしてきましたし、そこから引き揚げてきた。今でも覚えていた苦労って言いますかね、そういうものを通して、しかも、日本で持って色んな苦労をしながら、僕自身は非常にある意味じゃ、振り返ってみると内向的な口数の多くない、今とは違うイメージかもしれませんけれども、そういう感じの幼少時代だと思いますね。
その中で、親父からの禅というものが、内に向かっていろんなものを求めていく方を重視しながら、そういう教育でもあったし、そういうような方向でずっと幼少時代を過ごしたと思いますけどね。

【聞き手】

将来はご自身としてはどういう道を歩んでいこうという風に学生時代は考えておられたんでしょうか?

【山田】

これは振り返ってみますと、僕自身としては何になりたいかというよりも、正直言って非常に精神的に不安定だったんすね。非常に口数が少なかったということは内面的に非常に精神的な不安定感というか、何が原因かわからないこの精神的な不安定感をなんとかしたい、解決したいという思いが強くてですね。
何になりたいということよりも、精神的な安定を得たいっていうそれが一番の思いでしたね。それで一生懸命座禅なんかもやったんだと思うんですけれども、

【聞き手】

実際に慶応義塾大学に進学されて、社会人になられる時に銀行を選ばれるわけなんですが。

【山田】

僕のいったゼミは福岡ゼミっていう慶応では理論経済学野割といいゼミ、今でも先生は生きておられますけど、そこの中で先輩も含めて銀行というか三菱銀行が非常に評判が良かったんですよ。成績が優秀な先輩たちがみんな三菱銀行を、そこを目指して入って行ったんですね。何人か僕の先輩が福岡ゼミから行っていて、その人たちの話も聞いていたということ、それから福岡先生の慶応の同期のならしたっていう人なんですけど、この人が銀行に行って非常に成功して、副頭取になって今でもいますけど、そういう環境の中でなんとなく、三菱銀行っていうのは福岡ゼミの環境の中では、就職歴の会社としていいイメージがあった。それが1つあったということ。
何になりたいと深く考える前にそれがあったっていうこと、それからもう1つはですね、さっき申し上げたみたいに、僕は非常に精神的な不安定さに悩んできました。銀行っていうのは、一種の安定感を与えてくれる事業なきがしたんですね。産業の全体を見渡しながら一定のバランスを維持しながら事業ができるという。そこの雰囲気が、僕が求めたものに、なんとなく合致したんじゃないかと思うんですね。
その時にたまたま私の慶応の先輩が頭取をやっていたんですね、そういうようなことも含めて

【聞き手】

ご縁があったんですね

【山田】

あったんだと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山田 匡通
役職 代表取締役会長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案