マルマン株式会社 ~黒とオレンジのスケッチブック『図案シリーズ』でお馴染みの老舗文具メーカー~

アメリカ生活で得た大きな“体感”

マルマン株式会社 代表取締役社長 井口 栄一 (2016年4月取材)

[もっとみる]

アメリカ生活で得た大きな”体感”

【井口】

実は私ここで生まれているんです。本社が今建っていますけど、こちらの半分が自宅だったんですよね。この建物の裏の半分が自宅でしてね、前の方がマルマンの工場でした、今でいう食住接近どころか、食住一致ですよね。
ですから父親も自宅にいたり会社にいたり、まあ近いですから、出入りは激しかったですし、私の遊び場って言うのも工場で紙を扱っていますから、紙の切りかすとかそういうものをたまっているところがあるんですよ。そういうところに飛び降りたりですね、それからその中に紛れたりですね、後は工場の運搬用の台車でですね、遊んだりしまして、良く小さい頃は、うちの社員、工場の方から追っかけまわされて、まあやんちゃだったんでしょうね。

【井口】

高校の3年の時に、アメリカにホームステイに40日行ってきました。当時ですから今から40年以上前ですね、44年前になりますか、これは私の人生の中では強烈なインパクトがありましたね。アメリカのミシガン州の田舎の町で、本当に人口が4,5000人のところに日本人もきたことないようなところに、1人アメリカの家庭に入りましてですね。40日間過ごしました。最初はノイローゼになるぐらいに辛かったですね。

英語は勉強したんですよ、でも実践となるとなかなか通じないこともわかりましたし、それから文化が大きく違うということが分かりましてですね、最初は苦労しました。ただそこではやはりアメリカの考え方、懐の深さとそれからやはり、人の物を考えるにあたってもやはり物質的ににも豊かなところがあって、そこからやはり考えるので、考えも非常に豊かな発想をさせるということでは、非常にインパクトのあることがらでしたね。

やはりそういう体感と言ったらいいんでしょうかね、体感するということは、物の価値観ですとか、価値判断基準が大きく変わりましたですね。眼先ではなくて、より広く物事を考えなくてはいけないということもあります。

【井口】

実は私は明治学院大学という大学で、大学でも私は旅行研究会という会に入りまして、本当に4年間日本中をあちこち旅行に出て見て回りましたね。ですから、これもやはり考え方、私の今の価値判断基準の大きな体験だったと思いますね。

旅を通じて色々なディスカッションをして、例えば過去の賢人の方々がどういったことでこういうような物を作られたかとかですね、それから地域でどういうような産業を興したかとかですね、そういうものをやはり行ってみてディスカッションをするんですね、徹底的に。これも私にとっては非常に良い経験でした。人の話を聞くことによって、自身がえられるもの、それが自身の成長につながるもの、こういうものを体感することができましたね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井口 栄一
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案