マルマン株式会社 ~デジタルの時代に「スケッチブック」で魅せるアナログビジネスの真髄~

Vol.6 “コト”の追求と視聴者へのメッセージ

マルマン株式会社 代表取締役社長 井口 栄一 (2016年4月取材)

[もっとみる]

-”コト”の追求と視聴者へのメッセージ-

【井口】

先ほどご覧いただきました図案の『One Day』というものがあります。こちらは絵を描くということに注目をして、ただ絵を描く道具ではなくて、やはりお子さんが描けるとか、形にするとか、集中している顔を親御さんが見て豊かさを得るわけですね。 これは大きな価値提案だと私は思うんですよ。今言われている“モノ“から“コト”へ、まさに“コト”なんですよね。親子の豊かさを提供できる価値。、こういうものはこれから求められていくものですから、私どもはスケッチブックを売るだけではなくて、親子の関係が豊かになる。そのようなシーンを提案する。これは1つの例ですけども、他にも多々あると思うんですよね。

それから今ビジネスマンの方にご愛顧いただいている『ニーモシネ』というブランドがありますが、これもただ単にノートであり、メモである、ではなくて、やはりこれを持つとカッコイイとか、スマートにビジネスができるとか、それをお買い上げいただいている方にはイメージしていただいているので、長く、何度でも何度でもお使いいただいている商品だと思うんですね。

ですからモノではなくて、やはりコトにも注意を払うことは重要だと思います。それができれば今、面白いところまで来ているのかもしれないですね。

私は、企業は社員の人生劇場であるという言葉を先輩の経営者から伺ったことがあります。まさにその通りだろうと思うんですね。やはり会社に拘束されるのが9時間以上、それと通勤を入れて、10時間11時間というと、起きている時間が18時間とすると、ほとんどは会社に関わるわけですよね。それが定年まで続くということは、その間が自分の張り合いにつながったり、それからやりがいにつながったり、そういうことにならないと人生としては失敗ですよね。それだけの自分の一番重要な時間という人生という価値を費やすわけですから、ぜひそこは良くお考えいただいて、それに見合う企業、それを選んでいただきたいと思いますね。

ぜひ見ていただきたいのは、私どもの商品は見ていいものよりも使って良さが分かるこだわりを持っていますので、ぜひ私どもの商品をお使いいただいて、ご判断いただければと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井口 栄一
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案