株式会社イトーキ ~売上高1,000億超、創業120年超のオフィス家具、事務用品の老舗企業~

Vol.3 銀行での大仕事とイトーキ会長就任秘話

株式会社イトーキ 代表取締役会長 山田 匡通 (2016年3月取材)

[もっとみる]

-銀行での大仕事とイトーキ会長就任秘話-

【聞き手】

金融という世界から今度はいわゆる実業の世界に、しかも60代になられてから変わるわけですよね。

【山田】

そうですね。これは銀行から行ってくれと言われたので、自分で選択したわけではないです。

僕が一番最後にやったのは、今の三菱UFJモーガン・スタンレー証券の会長をやっていたのですが、僕の中で銀行で思い出に残る仕事はいくつかあるんですけど、一番大きな仕事としては東京銀行との合併ですね。

あれは僕が、取締役企画部長として担当して、3年かけて僕と上の専務の方ですけども、それともう1人の3人だけで、あとは一切誰にも言わずにやったんですね。漏れるといけないということで。あれがうまくいったというのがひとつと、もうひとつは三菱証券をつくったことですね。それからロンドンの証券現地法人の三菱ファイナンスインターナショナルを社長で立ち上げた時など、色々な新しいことをやるという経験させてもらったんですけれども、イトーキに来たのはちょっと経緯が違っていまして。

ここに来たのは全く違うルートなんですよ。ここに3人おられますけれど、3代目の伊藤喜十郎、その長女が全くの縁で、お見合いでしたけれども、結婚していたんですね。僕の家内なんです。

イトーキにはそういう意味でご縁があって、銀行にいるときから、イトーキの社長と色々と話したんですけど。僕が三菱証券の会長をやっている時に、実はイトーキの若い取締役が僕に来てくれないかとアプローチしてきまして。イトーキは生産部門と販売部門が1つになってなかなかうまくいかなかったり、色々な問題を抱えていたりするので、イトーキの創業家とのご縁があるし、銀行でもやってきたし、そういう方に来てもらってほしいと。創業家の伊藤家から行けとかではなくて、イトーキの若い取締役からのアプローチから始まって。2007年6月から僕は会長になっているから、その2年前からは社外取締役になっていますけど。それからは10年でしょうか。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山田 匡通
役職 代表取締役会長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案