山本化学工業株式会社 ~ウェットスーツ素材で世界シェア70%。日本初の機能性に優れたウェットスーツを開発~

反対に屈せず現場を変える

山本化学工業株式会社 代表取締役社長 山本 富造 (2016年1月取材)

[もっとみる]

―反対に屈せず現場を変える―

【聞き手】

卒業されて、実家の会社にご入社された。

【山本】

ええ。

【聞き手】

最初に入られたときは、何のお仕事をされてらっしゃったんですか。

【山本】

業務関係ですから、特に輸出の業務が多かったですね。神戸とか兵庫県に工場が3つありますので、そことの間の車の行き来が結構毎日あって、やはり入るまでは、トラックが小さいんですよね。僕らから見たら。もっと、同じ1人で運ぶなら、もっと大きな車で走れよ、と。そうしたらもっと効率が良くなるのにと。岡目八目で、最初に入ったときはそういうところは目につくから。父親から、変えたいことがあったら好きにしてもいいと。それまであった車が、5メートルくらいの車を11メートル50センチの車に変えたんですよ。そうしたら、そんなに長いのを誰が乗るんだという話になって、お鉢が僕のところに回ってきて、じゃあ僕が乗るので、と、うちの運転手を横に乗せて、僕がそのトラックで、神戸まで、2ヶ月くらい通いましたかね。

言いだしっぺなので。その2ヶ月くらい運転手の代わりに、代わりの運転手を僕がして、向こうも、素人を運転手が商売でない人間が2ヶ月運転されたら、本人も嫌とは言えなくなって。それで長い車に乗ってくれるようになったり。また製造業というのはなんというか、職人気質がいるんですよね。機械の頭を触っているわけですよ。「これでいい」とか言うんですが、何がいいのかわからなくて、「なに?」と言うと、「水温がこれでちょうどだ」と言うんですよ。

【聞き手】

手で触った感覚。

そうです。それでやるけど、20代の僕らから見たら、お爺さんですから、この人が亡くなったら、うちの会社はどうなるのかと思って。それで、何度か計ったら、大したもので、職人の手は凄いんですよ。ぴったり合っているんですよ。凄いのは凄いのだけど、何とかそれは、なんとかしないと、自分の将来困るので、センサーを付けたりして。それで現場は大反対で。

自分の仕事を取るのかと言って。別に取るつもりはないけれど、亡くなった後どうするのだと、僕の本当の気持ちだったのですが、その人たちにとっては、自分たちの死活問題だと思いますから。でも最初の間は本当に、それも現場にいすを置いて10日間くらい座っていましたね。少しトラブルが発生したら言うんですよ。10日ほど経って、観念してきて、半年もたって、逆にそのセンサーが壊れたら、製造ができないと言い始めて。この間まで自分で手でやっていただろうというけども、やはりそういうふうに変わってくる。そういうのは最初の頃は結構ありましたね。

【聞き手】

入られてすぐと言うのは、ご自身の目で見て、変えて行かれたことで、それまでやってこられた方の反発や軋轢などと言うのは結構あったのですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山本 富造
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案