山本化学工業株式会社 ~ウェットスーツ素材で世界シェア70%。日本初の機能性に優れたウェットスーツを開発~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

Vol.5 超オーバースペックの商品開発と次の挑戦

山本化学工業株式会社 代表取締役社長 山本 富造 (2016年1月取材)

[もっとみる]

―超オーバースペックの商品開発と次の挑戦―

【聞き手】

ウェットスーツですとか、いわゆるスイムウェアというのは、御社の専売特許といいますか、非常に高い技術をお持ちで、それこそオリンピックに出るような、トップアスリートが、こぞって着用したいと望まれるような、そういうものを作っておられるんですが。それを作るにあたっては、もともとこう、いわゆるスイミングウェアをやろうという感覚で、作って開発された。

【山本】

もっと速く泳げるスイムウェアはできないのかという要望があって、じゃあ作りましょうかというみたいな感じなんですよね、どちらかと言えば。我々は。

何かきっかけがあったんですか。それとも、もともとそういうものを作ってらっしゃったわけでは。

トライアスロン用のウェットスーツの素材が、速く泳げるんですね。それの水着版ができないのと言うのが最初の水着を作った時のきっかけなんですよ。それで、やれないことはないけども、と言うところからのスタートですよね。
我々、色々やはり一応開発する限りは、追随を許さない、超オーバースペックというのが、ひとつうちのスタンダードなので、とにかく中間、これを中間を作ってやると、うちは大企業になれるかもしれないですけど、この辺作ってこの辺作ってまたこの辺作ってやれば。3回売れますから。資本の小さな中小企業で、開発を何度もしながらこうステップアップしていくというのは、費用もかかるし、在庫負担も多い。じゃあ面倒なので、一発で超オーバースペックを作ろうと。それでロングラン走ろうと、どちらかと言ったら今もそうなので、そこまでスペックを上げないでいいんじゃないの、というものしか作らない。それが我々の会社のコンセプトなので。なかなか追随してこないですよね。

トップアスリートが使う、そのスイミングウェアを開発していく中で、その分野にとどまらず、今度は医療という分野に着手をしておられる。具体的にはどのようなものを作ってらっしゃるんですか。

メインで今までやってきたのは、血栓予防ですね。日本人は何と言っても、死因の一番は癌なので、2位は実は心臓病なんですが、日本人イコール亡くなるときは癌、と思っていますから、そちらばかりに意識が行くんですが、これだけ平均年齢が上がってきて、高齢化してくると、血栓によって命を落とされている方は結構いらっしゃるんですね。それが、血栓ができるのは、どこでできるのかというのは、足の表からくるぶしのところなんです。ほとんどは足なんです。それもほとんどの方はご存じなくて、このあたりでできていると思っているんですがそんなことはなくて、足なんですよ。

私も、心臓周りというかそんな感じかと思っていました。

全然できないですね。それで、年齢を重ねるごとに心筋が弱ってきて、心臓のポンプの勢いが弱くなってくるんですよね。それで足がむくむわけですよ。それが一番の原因になるのですが、そこが結構、医療機関も含めて抜けている。抜けているところをやろうということで。第一号の我々がやった医療機器は、血栓を予防するとか、足のむくみを取って、心臓に対する負担を軽減するとかと言うところから入ったんですね。今第二ステージを、ステップをやっていて、今は体温を上げるものをやっていますね。これはないんですね。体温を上げる機器というものはないんですね。体温を上げる薬もないんです。

今、我々は体温を上げるものにチャレンジしていまして。台湾とかアメリカではFDAとかDLTとかとったんですが、日本だけはスタンダードが古いので、今はまだネゴ中ですけど。体温をあげることによって、免疫力を上げるというのと、体温を上げてあげると、今まで飲んでいた薬がすごく効くんです。というような、癌を抑制する遺伝子を活性化するとか、そういうデータのエビデンスはしっかりと我々持っているんですが、今はとにかく医療分野では、体温を上げること。それがなかなか今まではできない。加熱温めるとできるんですが、温めると体温は上がらないんですよ。"

そうなんですか。

例えば皆さんがお風呂に、体温を上げるからといって、お風呂に頑張って30分入ったとしたらどうなるかというと、汗ばかり出てきて、それでも頑張ったら、脱水症状が起きるんですよ。だから絶対にその体温を上げるということで、加熱、熱を加えるということで体温を上げるということは不可能なんです。

一瞬は上がります。ただ恒常性というホメオステータスというのがあって、体がバランスを取ろうとしている。体温が上がりすぎると下げようとする、下がりすぎると震えるでしょう、冬場、寒いねと、表に立っていたら、ガクガクする、歯がガクガクしてきたというね。体を震わして、体を運動させているんです。それで発熱させているんです。自分ではなくて、自律神経。そういうその加熱するとかえって体は下げようとするんですね。だからそれに、その自律神経を働かせてしまう、体温を上げることができないんです。常温で赤外線を我々体温に近いレベルに赤外線を特殊なバイオといわれている素材から出して、それで常温で体の中を温めるんですね。そうするとの恒常性を働かせずに、体温を上げていくというものを今はやっていて、これの効果は絶大なものがあって。いくつかの製薬屋さんともそういう話をしていて、製薬屋さんが作る新しい新薬も、我々のものとセットでやれば、その薬は抜群に効くようになりますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山本 富造
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案