iHeart Japan株式会社 ~iPS細胞を活用した心臓の再生医療に取り組む京都大学発のバイオベンチャー~

世界を変える同社の細胞医薬品開発技術

iHeart Japan株式会社 代表取締役 角田 健治 (2016年6月取材)

[もっとみる]

世界を変える同社の細胞医薬品開発技術

【聞き手】

プロとして、投資家として色々と御覧になっていた中で、そんな角田さんがこれはすばらしいと思ったポイント、何がすごいなというところに至ったのでしょうか?

【角田】

それはもう効果ですよね。今まで見たことないくらいに効果があって、テクノロジーの中には実用化しやすいものとしにくいテクノロジーが当然あるわけです。IPS細胞なんかは比較的実用化しにくい難易度の高い技術ですよ。それに比べて低分子の医薬品と言って、化学物質でできているやつ、化学物質を使うものは実用化しやすいですよね。 ですけども、心臓の分野と言うのは結構、研究はやりつくされている部分があって、低分子でやれるのはかなり限界が来ているとおもうんですね。で、それにたいして細胞そのものを医薬品として使うということやると低分子化合物をつかってやるのでは全くできない次元の違う治療ができるわけですよ。例えば低下した心機能で心不全という状態になっえいる。この状態を薬物で回復させるなんていうのは、およそ無理です。低下していくのをちょっと遅くする、機能低下のスピードを悪化のスピードを遅くするというのができるぐらいで、機能を回復するって言うレベルの治療って、およそできないんですが、細胞を移植してやるとこれができるんですよ。細胞医薬と言っているものは細胞の小さいものを想像しますけど、実際にやることは細胞を培養して、ある程度そしきみたいになったものを移植するので、心臓を丸ごと衣装しているわけではないですけど、心臓の壁の一部だけを移植しているような、そんな治療なわけですね。 心臓って命にかかわるので、しかも再生しないというか、肝臓だと切り取っても切り取った部分が再生してくれるので、肝臓を元気な人から、移植するということをやっても、ドナーの方が肝臓が元通りに戻るわけですよ。でも、心臓においてそれはできないわけですよ。ドナーの心臓をとってしまったら、ドナーが亡くなってしまうわけですから、脳死の患者さんから移植するぐらいしかできない。心臓の組織を患者さんに移植するというのはそれくらいのことだったわけですけれども、IPS細胞だったらそういうことを気にせずにドナーがいなくても出来るわけですから、革命的な変化がありますよね、ここには。

【聞き手】

本当にそれができるようになったらものすごく画期的なといいますか、世界中から注目される素晴らしい技術。

【角田】

今はあの、心臓の機能がね、低下したのを心不全。その中でもひどい人を重症心不全と言うんですけど、20万人以上日本にいるんですよ。この人たちの命を救おうと思うと、心臓移植をやらないとだめなんですけども、心臓移植は年間に35件くらいしかできないんです。それは日本で、ドナーのなる方がそれくらいしかいないからですよね。 これから先、ドナーの方が増えるというのは考えられないじゃないですか、脳死が増えるということを意味しているので、そんなことは起きないと思いうんです。だからこの心臓移植を必要としている人と心臓移植を受けられる人の間の20万人以上と35件という大きなギャップが、IPS細胞を使った細胞医薬であれば、埋められるわけですよ。これは世界が変わりますよ。本当に。

【聞き手】

日本の人間の死因の第2位がそうですよね。心臓病だったり、心不全っていうこれがもう変わってしまうわけですね。これって、世界中の医療に携わる方が研究されている物ではないんですか?

【角田】

研究者はとても多いです。アンメットニーズと言いますけど、そのギャップが大きいがゆえに、そこに挑戦する人も多いわけですよ。かなりメジャーな疾患ですし、競争はとても激しい、研究者が多いし関わっている企業も多いですから、世界を見渡すと競合技術はものすごくたくさんあります。ですけども、そういった競合技術をベンチャーキャピタルの仕事をしながら、色々みていて、大体どのぐらいの機能回復が期待できるのかlてういうのはおおむねわかっていたんですね。で、それらと比べた時に山下先生が作ってきた細胞シートの多層体というんですけど、あれが作り出す薬効の機能回復効果はけた外れにすごい。

社長プロフィール

President's profile
氏名 角田 健治
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案