iHeart Japan株式会社 ~iPS細胞を活用した心臓の再生医療に取り組む京都大学発のバイオベンチャー~

同社が目指す場所と視聴者へのメッセージ

iHeart Japan株式会社 代表取締役 角田 健治 (2016年6月取材)

[もっとみる]

同社が目指す場所と視聴者へのメッセージ

【聞き手】

角田さん、経営者としてどういう会社を作って行きたいとおもいますか?

【角田】

うちの会社で掲げているのは「世界をよりよく変えていく」ってことなんですよね。世界をよりよく変えていくって方法は色々あると思うんですけど、その中でも我々が取る方法は、前例にないことに挑んで前例を作ることによって社会を進歩させる。これなんですよ。 当然そのためには新しいことにどんどんチャレンジしていかないと行けない、だから従業員には冒険心を持ってもらいたいと思っているんですね。こういう従業員がみんな冒険心を持ってリターンを得るために、リスクを取るということを楽しんでやれているような、そういうことが出来ていて。なおかつ、会社自体も社会に貢献していて、当然それをやるためには、かけた労力とか取ったリスクに報われないと行けないので、うちの会社に関わった人達、発明してくれた創業者も、従業員も経営者も資金を投じてくれた投資家も、周りの関係の会社もこういった関係者みんなが、ちゃんとかけたエネルギーとか、取ったリスクとかにたいして報われるという状況を作り出すというのを目標にしています。

【聞き手】

まだまだ新しい分野ですし、これで成功すると世界中から注目されて人もそれこそ、命の問題が変わって行くので、やりがいがありますね。

【角田】

やりがいはありますし、ぜひともそうしたいと思いますね。

【聞き手】

本日こちらのVTRをご覧の中にも御社の技術や角田社長、社長そのものに興味をお持ちの方もいらっしゃるとおもうので、ぜひ最後に視聴者の方に対してメッセージを頂戴できればと思います。

【角田】

そうですね。メッセージ。我々は一緒に世界を変えてくれるような仲間を本当に求めています。そういうことに共感してくれる人。目先のリターンよりももっと大きなもののために頑張ろうと思える人、そんな人に当社に来て一緒に働いて頂きたいと思います。

【聞き手】

命の問題に取り組む真のプロフェッショナル集団というところで、御社が本当にこれからますます成長されることが、世界を変えることに繋がっていくと思いますんで、私も楽しみの応援をさせていただきたいと思います。本日はたくさんのお話を伺いまして誠にありがとうございました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 角田 健治
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案