iHeart Japan株式会社 ~iPS細胞を活用した心臓の再生医療に取り組む京都大学発のバイオベンチャー~

iHeart Japanが求める人材

iHeart Japan株式会社 代表取締役 角田 健治 (2016年6月取材)

[もっとみる]

iHeartJapanが求める人材

【聞き手】

今やっておられて、一番の課題に挙げられていることはなんですか?

【角田】

最大の課題は人材採用です。経営課題ってたくさんあるんですけど、それらはね、解決する人が必要で、優秀な人材が解決するわけですよね。この優秀な人材が、いくら揃えられるか、何かのプロジェクトを成功させようとしたら、それができる優れた人材をそれだけ集められるか、ここにかかっていて、我々もそういう人材がほしいんですけど、当然まがら優秀な人材ってひっぱりだこですよね。みんなほしいんですから、これを獲得するっていうのはさっきの技術競合以上に激しい競争なため、獲得競争というのは。それを今なかなか難しいなと思いながらやっていますよ。

【聞き手】

どういう力をもった方が御社にとって必要なんでしょうか?

【角田】

うちで必要な能力って、会社の中に10人くらいいますけど、すべてのファンクションで、人出が足りていない状態なので、特に職種と言う意味ではなんでもいいんですけど、我々は外部から資金を調達してきて、その資金を使って製品を開発して、周辺のビジネスをやっている企業たちと連携して社会実装していくと、こういうステップを踏むんですが、このどれをやる人でもいいわけですよ。どれをやる人でもいいけれど、そこに唯一私が共通して必須だと思っているのは、真にプロフェッショナルな人。これです。私はね、真にプロフェッショナルな人というのがなかなか見つからないなと思っているんです。真にプロフェッショナルであるというのはどういうことなのかっていうと、うちの会社の中で、言っているんですけど、プロは結果がすべてなんですよ。がんばりました、出来ませんでしたなんていうのはゆるされないんです。できなかったけど、よく頑張ったね、なんて言われるのは子供のうちなわけで、アマチュアだからですよ。プロはがんばるか、頑張らないかはそうでもよくて、出来るかできないかなんですよ。がんばらなかったけど、できました。というのとがんばったけどできませんでした。どっちが顧客から喜ばれるかといったら、出来た方ですよね。プロは本当に結果がすべてなんですよ。結果があって初めてプロセスが良かったか悪かったかの話になる。結果が悪ければ、プロセスの良し悪しは関係ない。行為厳しさを本当に自覚してもっている人。こういうのが、ほしいですね。 私はこれ、京大にいた時にアメフト部に水野監督から教えてもらったんですよ。京大のアメフト部って当時はそこそこ強くてですね。日本一を争うようなそんな環境なんですけど、どこで水野監督が言うんですよ。試合に勝てと勝ち方にこだわって試合に負けたんでは意味がない。試合に勝って始めて、勝ち方が良かったか、悪かったかの話になると、その通りだと思うんですよ。で、今うちでは真にプロフェッショナルな人を求めています。 うちの会社で言うので、意欲と能力がそろっていること。これなんですよ。能力があるけど意欲がない人っていうのは、宝の持ち腐れで、意味がない。意欲があるけど能力がないのは残念な人ですよね。で、さっきの話で結果にこだわるという強い意欲があれば能力の方は、その瞬間はなかったとしても、たぶん後から付いてきます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 角田 健治
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案