akippa株式会社 ~元サッカー選手経営者の逆転ゴール!日本を変えるシェアビジネスの全貌~

Vol.3 akippa誕生秘話

akippa株式会社 代表取締役社長 金谷 元気 (2016年6月取材)

[もっとみる]

―akippa誕生秘話―

【聞き手】

当時は、今のakippaという名前ではなく、違う名前で事業をやってらっしゃった?

【金谷】

はい。

【聞き手】

事業自体も今の内容と違っていらっしゃった?

【金谷】

ずっと求人をやっていて、求人の営業や携帯電話の販売をしていたので、ギャラクシーエージェンシーという名前でやっていましたね。

【聞き手】

いつ頃から今のようなビジネスに転換するというか、方向性を変えていこうと思われたのですか?

【金谷】

2013年の春にきっかけがありまして、本来手段であるべきIPOなどを目的化していると思ったのと、クレームをお客様から頂いて、あまり(この事業は)世の中のためになっていないなと思いました。もうちょっと世の中のためになるようなことをやりたいなと思っていたのですね。そうでないと、今は良くても将来絶対いけないと思いました。その時、何をやりたいか、何のために会社をやっているか、かなり考えていたその時に停電になりまして、電気のありがたみがすごくわかりました。電気がないとテレビも見られないし、携帯も充電できない。ですので、電気みたいなサービスをつくりたいと思いました。

【聞き手】

インフラのような、人の生活になくてはならないものということでしょうか?

【金谷】

そうです。それで2013年の5月に経営理念を「”なくてはならぬ”サービスづくり」に変えました。それまでもありましたが、自分たちが本当に思っていないことが理念になっていたので、なんかかっこいいかなという理由でつくっていたのですが、本当に自分たちが心から思える経営理念を設定したことによって、そこから大きく変わっていきました。

なくてはならぬということは、世の中の不便を改善するということで、社員全員で200個、不便に思うことを壁に書きましてね。その中に、現地に行って初めて満車と知る駐車場は不便だという意見がありました。コインパーキングって現地に行くまで空いているかわからないですよね。それが不便ということを見て、ある女性社員が書いていたのですけど、一方である男性社員は、家の前のスペースが空いているから、活用したいと。これをスマートフォンでつないでしまえばいいじゃないかということで、事業化することになりました。

【聞き手】

不便に思っていることやニーズをつなげていくというところで出てきたのは、駐車場に関するビジネスということで、これを考えついた時に全員で「いいね」となりましたか?

【金谷】

なりましたね。駐車場の市場規模をみると、駐車料金だけで3.5兆円あったのと、路上駐車の台数も東京では毎秒63,000円代、路上駐車代払っていて、大坂でも毎秒32,000円代。コインパーキングが圧倒的に足りていないというところで、需要はあっても手つかずの業界だったので、ここはいけるなと思いました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 金谷 元気
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案