akippa株式会社 ~元サッカー選手経営者の逆転ゴール!日本を変えるシェアビジネスの全貌~

Vol.2 起業の経緯と意外な収入源

akippa株式会社 代表取締役社長 金谷 元気 (2016年6月取材)

[もっとみる]

―起業の経緯と意外な収入源―

【聞き手】

本業のサッカーがプロになることが叶わなかった。そうなると残った事業をやるというわけですよね。

【金谷】

もうこの事業をやりたいなと思ったのですが、個人で事業をやっている時も何も意識せずにやっていましたし、名刺の渡し方も知らないですし、このまま起業しても絶対人を育てられないなと思ったので、まず研修で有名な会社をインターネットですごく検索して、そこに就職しようと思いました。携帯電話の販売なのですが、法人さんにテレアポを取って、訪問して、コスト削減の携帯電話を提案するということで、マネージャーにまでなったら起業しようと決めていました。というのは、マネージャーになると、ある程度、人を育てるためのノウハウなどが身に付くかなと思いまして、マネージャーの昇格が決まったら起業しようということになりました。

【聞き手】

ご自身の中では、これがやりたいという事業はおありだったのですか?

【金谷】

あるにはありました。求人のサービスをやりたいと思ったのですが、インターネットでやっていきたいなとは、当時思っていました。

【聞き手】

それはなぜですか?

【金谷】

これから紙の媒体というのは衰退していくしかないので、webで、これから伸びるところでやりたいなと思いまして。

【聞き手】

お1人でされたのですか?

【金谷】

1人暮らしをしていたワンルームの部屋で、電話とインターネットだけ引いてスタートしました。

【聞き手】

そのシステムの開発から、案件を取ってくる営業から人集めのところから全部お1人でやられたのですか?

【金谷】

全部1人からなのですが、エンジニアではないので、基本的にはできないので、ホームページビルダーで最初はホームページをつくりました。誰でもつくれるソフトでつくって、でもそんなものでやっぱり売るのは失礼だと思ったので、最初は全部無料で掲載を取っていました。携帯電話を売って、しっかりお金を稼いで、求人は全部無料で提供するというようなことをやっていました。

【聞き手】

やっていくうちに少しずつ社員の方も増えたわけですよね?

【金谷】

はい。

【聞き手】

その中で考え方は変わってきますか?

【金谷】

そうですね、考え方は変わってきましたね。事業の部分でいうとまず、求人サイトを無料で取っていたので、案件がどんどん増えていったんですけれども、そこで初めて2011年にエンジニアを1人採用しました。ちゃんとしたものにつくり替えて、携帯電話の販売を辞めて求人を売れるように変えました。

【聞き手】

自分で、何でもやってこられているわけで、これで人が少しずつ増えてくると、人を使っていかなければいけないとなってくると、金谷社長と同じぐらいできる方もいれば、そうでない方もいらっしゃる。そういうところでストレスを感じたり、組織運営の難しさを感じたりとかはなかったのですか?

【金谷】

当時はありましたね。2014年ぐらいまでありましたね。

やはり言われたことしかできない人が多いというのがあって、それって結構難しいなと思っていまして、やはり与えたリソースの中で、自分で何をやるかを考えて展開していく人が少なかったので、結構自分でしないといけない。責任者を決めても結局自分がやらないといけない部分が多かったので、これはちょっと良くないなと。ストレスというより、組織が拡大する中で、あまりいいことじゃないなと思っていましたね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 金谷 元気
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案