akippa株式会社 ~元サッカー選手経営者の逆転ゴール!日本を変えるシェアビジネスの全貌~

Vol.1 サッカー選手時代に起業を意識したきっかけ

akippa株式会社 代表取締役社長 金谷 元気 (2016年6月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

本日は、シェアリングエコノミーで注目を集めるakippa株式会社、代表取締役社長の金谷元気社長にお話を伺っていきたいと思います。それでは社長、宜しくお願いします。

【金谷】

宜しくお願いします。

―サッカー選手時代に起業を意識したきっかけ―

【聞き手】

若い頃はサッカー一筋で、物心ついたときからずっとサッカーをしていたと伺いました。

【金谷】

そうですね。小学校2年生くらいの時、Jリーグが開幕する前の年からサッカークラブに入りました。高校生の時は区の選抜に入って、その後そのままJリーガーになれたら良かったのですが、高校3年生の夏休みに、色々なJリーグクラブの研究生として練習に参加したのですが、プロにはなれなかったので、地域リーグである関西リーグでプレーをしていました。22歳の時にJ2のクラブで練習生として寮に入ってやっていたのですが、プロ契約にならなかったので引退しました。サッカーをしていた4年間の中で、経営者の本を読んだりしていて、すごく起業に惹かれていた部分が正直ありまして、それがあったので、踏ん切りがついたというところは大きいですね。

【聞き手】

ビジネスモデルなど、こういうことをやりたいなということは当時から構想していたのですか?

【金谷】

サッカーをしていた4年間、サッカーだけでは食べていくことができませんでした。高校のサッカー部や少年サッカー部を教えることでの収入しかないので、これだけだと月給10万円ぐらいです。そうするとアルバイトしないといけないのですが、アルバイトをするとなると、実は平日は毎日サッカーの練習とサッカーを教えることがあるので、朝から午後2時ぐらいまでしか働けません。土日は全部試合ですので、そう考えると結構仕事がないのです。チームメイトと一緒に、飲食店とかに求人に載っていないところに飛び込みで仕事を探していたのですが、その時に親にチラシに載せてしまえばもうかるのではないかと言われまして。

【聞き手】

チラシに載せる?

【金谷】

求人広告は高くて出していないという方に1万円とかで載せて、新聞折り込みを入れてしまおうということになったのです。その時は起業には全く興味がなくて、生活のためにそれをすればいいじゃないか、ということで、Windows98のワードなどでデータをつくって、フロッピーディスクを印刷会社に持っていって、それを新聞折り込みで5万部、大阪府の藤枝市と柏原市に入れていたのです。そうすると月に大体60万円くらい収入が入ってきました。それを友達と2人でやっていましたが、経営者の本を読んで、自分は絶対に(経営者が)向いていると思っていたんですね。でも、求人折り込みとかをやっている時はまだサッカーが第一だったので、あまり意識はしてはいませんでした。

【聞き手】

先程、向いているというお話がありましたが、何をもって向いていると思われたのですか?

【金谷】

訪問して、飛び込みで「1万円しかかからないので載せてください」と60枠売るのをランニングなどしながらやっていたんですけど、結構売れるなと思っていまして、そのビジネスを思いついたのも、ここから成立させるのもできたと思いました。

【聞き手】

飛び込むのは勇気というか、躊躇みたいなものはなかったのですか?

【金谷】

そういうのは無かったですね。あまり昔からそういうことに抵抗がないタイプで、サッカーをしている時も常に度胸をつけるために、例えば、1,000人のサッカー教室であっても必ず最初に手を上げるとか、すごく意識してやっていたので、そういうところが生きたのかなと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 金谷 元気
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案