株式会社中村超硬 ~成長の裏に匠の執念あり!世界に誇る、革新的技術の秘密~

Vol.1 SONY入社の経緯と今に生きる学び

株式会社中村超硬 代表取締役社長 井上 誠 (2016年7月取材)

[もっとみる]

―ソニー入社の経緯と今に生きる学び―

【井上】

両親は共働きで自宅の2階を改造して、紳士服、特にズボンの縫製の下請け加工の仕事をしていました。両親は自分たちのような仕事はさせたくないということをかねがね言っていて、自分たちがやってきたこととは違う人生を歩んでほしいというメッセージを私たちに送っていたような気がします。

自分の学生時代を考えれば、早く別の世界で仕事をすることで家族を助けたいとか、そういう思いが強かったですね。たまたま私の担当教授が就職担当の年に当たっていて、ソニーから機械系でひとり学生が欲しいという話がきたので、では一度ソニーを受けてみようかと思いました。やはり皆とは何か自分自身の立ち位置を変えたいと、関西よりはむしろ関東へ行って、そこから少しでも自分が変わって何か新たな道を選べるようなチャンスがあればと思いソニーを選びました。

(ソニーは)非常に泥臭さを残した会社だったと思います。泥臭い中で、しかも工作部という名前のセクションに配属されました。機械工作の工作です。ソニーは『ウォークマン』や『トリニトロンカラーテレビ』のようなモルモット的な色々なものを自分たちでつくって、それを自分たちでレベルを高めて世に問うということがあり、モノづくりを外に任せず、社内で試作から量産に至るまで基礎技術を開発していました。後に、その工作部というのは生産技術センターという名前に変わるのですが、そういう非常に泥臭いことをやっているセクションでした。その中で約1年半、社会人であり、企業人であり、技術者であるということの教育訓練を受けました。これも本当にありがたいことでした。販売研修もしましたし、機械工作現場に行ってモノづくりの体感をさせていただきましたし、本当に大事に育てていただいたという感謝の気持ちでいっぱいですね。

私の好きな言葉でもあるのですが、「自由闊達」という言葉が、自分としては一番こだわっているキーワードです。この自由闊達というのは、ソニーの設立趣意書に書かれている言葉なのです。ソニーという会社は自由闊達なる理想工場の建設を目指す、と。その中では、真面目に働く技術者たちが和気あいあいと夢を語り、仕事にチャレンジをするという姿が描かれています。そのような非常に泥臭いことを大事にしながら伸びていくソニーの機運や社風といったものを学び、それを今も大事にしているつもりです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井上 誠
役職 代表取締役社長
生年月日 1954/5/11

応援メッセージ
この社長に直接提案