株式会社MICIN ~オンライン診療で医療が変わる!医師兼経営者が描く業界変革絵図~

Vol.4 業界に革新を起こすオンライン医療アプリ『curon』

株式会社MICIN 代表取締役 原 聖吾 (2018年11月取材)

[もっとみる]

―業界に革新を起こすオンライン医療アプリ『curon』―

【ナレーター】

「すべての人が納得して生きて、最期を迎えられる世界」をつくることをビジョンに掲げ、業界に革新を起こすべく様々な事業を展開するMICIN。

その中でもオンライン診療アプリ『curon』はこれまでの医療の在り方を変えるサービスの一つだ。

【原】

病院の通院に際して、場合によって通院に非常に時間がかかったり、待合室で長い時間待たされたりしてしまうことがあります。

しかし、このサービスによってそういうところを超えて、医師と患者がつながることができ、診療をより身近に受けることができるようになる。そうした理由で通院するのが難しくなったような患者さんも、診療を受けられることができる。

さらに、オンラインで診療すると、受診をしたタイミング以外のところでも患者さんの状況をある程度シェアをすることができます。

例えば、生活習慣病のような、例えば高血圧症や糖尿病、そういう患者さんは日々の生活の管理がとても重要になってくるのですが、血圧や血糖値などのデータも一緒に共有しながら長期的に病気をマネージしていく。そういうことができるようになっていくだろうと思っています。

【ナレーター】

医療情報のデータ化はまだまだ不十分であり、活用面でも整備されていない部分が多い。これからの課題への原の考えとは。

【原】

我々はどこよりもこの医療情報を深く理解して、そこから価値を出せる、そういうチームでありたいと思っています。ビジョンに掲げているものは共感してくださることも多いですし、逆に、共感を得られるかもしれないけれど、まだ整備されていないというのは、当然そこに色々な課題があるが故です。

必ずしも、我々1社だけでできるわけでもない。色々な医師の方々であったりとか、患者の方々であったりとか、ここに関わる様々な人たちとご一緒しながら解決していくしかないと思っています。

医療の情報が難しいのは、あまり人に知られたくない機微な情報だったりもするので、そういうものを活用するとき少し慎重になるというのは、当然の話だと思います。

ただ一方で、そういう情報が色々つながりあっ合って、それまでわからなかったことがわかってくることがあれば、多くの人たちにメリットがあることになってくると思いますので。そこのバランスをどうつけていくのかというのが、大きなチャレンジだと思いますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 原 聖吾
役職 代表取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案