アステリア株式会社(旧インフォテリア株式会社) データ連携ソフト『ASTERIA WARP』は国内シェアNo.1 アステリア株式会社(旧インフォテリア株式会社) 代表取締役社長 平野 洋一郎 

Vol.5 プライベート

インタビュー内容

プライベート(原点、座右の銘)

【平野】

私の原点が田舎なんですよね。本当に山の中で何もなくて、遊ぶものも木で作ったり、木で穴をかけたりとか、鉄砲とかも手作りで作ってやっていました。何もないところから、何かを生み出すということに、相当鍛えられた環境でした。結果として思い起こすと、そういうことが多々あるなと。いま私も子供を育てていて(思うことは)、おもちゃにしても何にしても、やはり与えることばっかりなんですよ。ないところで工夫をする、ないところから何かを生み出す、そういうことを体験させたい、経験させたいという想いがすごくあります。

【平野】

座右の銘は、英語なんですけど「The best way to predict the future is to invent it」というのがあります。アラン・ケイという人が言った言葉で「未来を予測する最善の方法は、それを作ることです」。ちょっと意訳してますけど(そういう意味です)。特にこういう業界ですと「未来を読む」とか「予測をする」というところに、結構みんな意識が行きがちです。ベンチャーでも「未来がこうなるからこういう事業をしよう」ということでやるんですけれども、実際に未来というのは、誰かが作っているんですよね。勝手に(未来に)なっているわけではなく、世の中のトレンドにしても、その先にある普及にしても、誰かが仕掛け、それに呼応する人たちがいて、勝手に何もしないで起こっているわけではない。特にコンピュータの領域というのは、まだまだ新しい産業。新しいことがいっぱい残っている。その当事者になろうと思えばなれるんですよ。だからその当事者になって、未来を作って行きましょうと。一生懸命トレンドを読むだとか、その動向を探るだとかじゃなくて、自分自身が未来を作る。その一端を担う1人になりましょうというようなことですね。これは私自身への言い聞かせでもありますし、社員もそうですし、世の中に対しても、そういうことをぜひ考えていきたいですね。

【平野】

日本というのは、コンピュータのソフトウェアでいうと、まだフォロワーじゃないですか。海外製のソフトというのは、非常に多く使われているんですけれど、自分たちが新しく世の中に提案してそれが世界中で使われる。そういうことだってできなくはないんですよ。単にアメリカが、今後何をしていくのか、マイクロソフトが何をしていくのかという予測だけではなく、自分たちがこれをやっていくんだということもできると思う。Googleだって10年前は、あんなことができるなんて、誰も予測していなかったけど、あれも勝手にでできたわけじゃなくて、ちゃんとあれ(Googleは)創業した人もいる。コンピュータ業界は、それが出来るということで、私自身は常に意識してやっているという意味で、座右の銘ですね。


経営者プロフィール

氏名 平野 洋一郎
役職 代表取締役社長
生年月日 1963年8月25日
出身地 熊本県
出身校 熊本大学
尊敬する人物 野口英世、稲盛和夫(京セラ)、江副浩正(リクルート)、本田宗一郎(ホンダ)、盛田昭夫(SONY)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、スティーブ・ジョブズ(アップルコンピュータ)、マイケル・デル(デル)、堀場雅夫

会社概要

社名 アステリア株式会社(旧インフォテリア株式会社)
本社所在地 東京都渋谷区広尾1丁目1番39号 恵比寿プライムスクエアタワー19F
設立 1998
業種分類 情報通信業
代表者名 平野 洋一郎
従業員数 140 名
WEBサイト http://www.infoteria.com/jp/
事業概要 XMLを基盤技術として情報システム間を「つなぐ」ためのソフトウェアを開発し市場に提供。
社長動画一覧に戻る
この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案
会員限定
あなたのビジネスに活かせる特典を無料でご利用いただけます
社長名鑑では、会員登録していただいた方のみにご利用いただける特典を多数ご用意しています。
会員特典の詳細を見る