株式会社ブロンコビリー ~売上高経常利益率は飲食業界平均の「3倍」以上。名古屋から全国に展開~

歴史

株式会社ブロンコビリー 代表取締役会長 竹市 靖公 

[もっとみる]

歴史(喫茶店のマスターから)

【竹市】

26歳で喫茶店を始めまして、約10年ぐらいやらせていただいて、ずいぶん喫茶店も流行ったんですけれど、働いている人に、たくさん給料が払えないこともありまして、やはり自分の人生と働く人の人生で、お互いに物心両面の部分で、みんなが良くなることのほうが大事だというと、喫茶店では500万円以上の給料がなかなか払えないので、10年後は喫茶店以外のことが、できるように月に1回ずつは東京、大阪、神戸などいろいろな所へ、飲食業のお店をずっと回っていたんです。

そのときにたまたまステーキハウスを見つけまして、そのお店が『ブロンコ』という名前だったんです。そこへ30回くらい通って経営者の人に電話して、それでその人に教えていただいて、FCみたいなのですがそこからが出発で、ステーキ・ハンバーグの店と喫茶店と両方やっていまして、後でノートを見てみますと、喫茶店(の売上)がいちばん頂上のときにそのステーキを始めたもので、当初はステーキの方がもうからなくて、ステーキの方へ利益を移しているような状態だったんですが、だいたい同じくらいの利益になりましたから、喫茶店をやめましてステーキの方へ変わっていったんですね。

【竹市】

以前は客単価が1,700円で、他社がやれないこともやっていたんです。例えばサラダバーをやるとか、炭でステーキ、ハンバーグを焼くといったことです。けれどたくさん店を出すために、そういうことは非常に手間がかかることが多いもので、ステーキは炭で焼いていたものを鉄板で焼いたり、サラダバーをやめるとかして、価格を1,700円から970円までに下げました。

私はそのとき直営で200店舗くらいやりたいと思いましたので、出店もたくさんしたところで、狂牛病にあたりまして、そのときは経営的にも5億以上の赤字を出しましたが、今思うと(それまでやっていたことは)都合が良くて、もう一度自分の商売の原点を考え直そうということで、そのときに自分で一生懸命考えたのが、得意なこと、好きな事をやろうということでした。

高い評価を受けること、高い利益がとれることをやろうと(思い)。もう一度サラダバーを復活させまして、過去970円だった客単価のお店が、約1,700円ぐらいになりました。特別なことがなく、それでお客様の数が減らなかっただけで、ほぼ同じ店舗数で(売上)約53億から84億ぐらいになりました。単価が上がったとしてもお客様に来ていただけたということで、それが大変なときから立ち直れた。理由の1つじゃないかなと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 竹市 靖公
役職 代表取締役会長
生年月日 1943/12/21

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案