株式会社プラネット ~1,200 社以上が利用する、企業間取引のデータ通信サービスを展開~

Vol.1 歴史

株式会社プラネット 代表取締役会長 玉生 弘昌 

[もっとみる]

歴史

【玉生】

1985年に会社を創立しましたが、実はライオンなどの8社共同で、その半年前から準備室を設けています。電気通信事業法による通信の自由化という機会をとらえて、日用品、雑貨、化粧品業界のネットワークを作ろうということで始めたわけですが、きっかけはライオンとユニ・チャームが卸店に設置している端末器を共同利用しようではないか、という話から持ち上がって、2社だけではもったいないから、皆で使えるようにしようと、そこからビジネスモデルを考えました。

ライオンとユニ・チャームは合意しているわけですけれども、その他、資生堂、サンスター、エステーといったところが相乗りするためにどうやってセキュリティを保つかといった、いろいろなビジネスモデルを試して、技術的な問題もあったのですが、いろいろと検討して、事業化をしたわけです。

【玉生】

今では簡単な話なのですが、当時はパケット通信技術がなかったものですから、唯一、その技術を持っていたインテックと組みました。通信については第三者に任せた方が、競走会社の相乗りという構造の中では、各社の安心感を得られるのではないかと思っています。

将来的には業界のインフラストラクチャーになるということは、夢としては描いていました。最初の事業計画では8社、9メーカーで共同出資して始めたわけです。いずれ35メーカーになるという事業計画を作っていたのですが、今では全体で400社くらいのメーカー、全体では1000社くらいのユーザーになりました。

ですから、10年くらい経った段階では、かなり大きなインフラになる見込みが、だんだん確たるものになってきたと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 玉生 弘昌
役職 代表取締役会長
生年月日 1944/9/8

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案