株式会社プラネット ~1,200 社以上が利用する、企業間取引のデータ通信サービスを展開~

Vol.3 事業

株式会社プラネット 代表取締役会長 玉生 弘昌 

[もっとみる]

事業

【玉生】

基本的にはEDIというサービスをしています。EDIというのはコンピューターとコンピューターをつなげて、企業同士の取引を自動的に行う、つまり発注データを送って、受けた方は受注データを戻す、あるいは場合によっては品切れだったら、品切れデータを戻すとか、そういうふうな日々の取引データのやり取りをして、1ヵ月それを貯めておいて、請求データとして送ったり、いろいろな取引上のデータ交換をコンピューターとコンピューターでやるような、通信の斡旋をします。

それには徹底した標準化をします、日用品、雑貨、化粧品業界の日々の仕事のやり方、それに合ったデータの内容をデザインして、それを卸店にもメーカーにも使ってもらって、それで通信をする。その斡旋をすることによって、メーカーはたくさんの卸店と通信ができます。それでメーカーに利用料を払っていただくということで、プラネットの事業が成り立っているわけです。

【玉生】

日用品、雑貨、化粧品業界、ペットフード、ペット用品業界、大衆薬業界、最近増えているのは介護用品業界です、あとは一部、文房具業界ですとか、たわし、ほうき、そういう世界もあります。共通項といいますと、パッケージ商品です、パッケージ商品というのは野菜とか魚といったものではなくて、洗剤のようにパッケージされたもの、パッケージ化されているということは、商品にバーコードが例外なく付いています、ということは商品コードが統一化されている、標準化されているということですから、システム化の環境は非常に良いということになります。

通信にはいろいろなやり方があります。A社があるやり方で通信して、B社やC社が違うやり方で通信したら、その3社と通信しているメーカーは3通りの通信仕様を持つ必要がああります、これでは不便なので、プラネットの場合は1つの方法で統一しましょうということです。

これは業界のビジネスの慣習に基づいた仕様ですから、十分足りるものですというものをすでに作っているので、皆さんそれでやれば、今やっているビジネスは全部包括できます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 玉生 弘昌
役職 代表取締役会長
生年月日 1944年9月8日

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案