株式会社プラネット ~1,200 社以上が利用する、企業間取引のデータ通信サービスを展開~

Vol.2 価値観

株式会社プラネット 代表取締役会長 玉生 弘昌 

[もっとみる]

価値観

【玉生】

一番最初の「システムは共同で競争は店舗で」というキャッチフレーズを掲げていたわけです。具体的には業界インフラをユーザー自身が、自らの手で築くという考え方なのです。ITというのはテクノロジーがどんどん進歩しますから、そのテクノロジーを理解しなければいけないし、もう1つは通信の場合は、標準というものが、いろいろな種類、レベルのものがありましので、それをどう選ぶのが最適であるのかということを、勉強しないとできないのです。

業界のユーザー団体として、最適なテクノロジー標準を選んで、みずからのインフラを作っていこうという目的を持った会社です。ですから、今まで創業以来、7回も値下げをしています。インフラというと、広く、あまねく安くということですが、上手に使えば安くなるわけですから、ユーザーのためにはそういうふうに還元していくということを、基本的な考え方にしています。

それでは、投資家としてはどうなのかという話になりますけれども、これも6期連続増配をしていますので、ステークホルダー全体に対して、バランスのとれた還元をしていくということを、事実として示しておりますので、みなさんには理解していただいていると思います。

【玉生】

私は機嫌の良い会社にしたいと思っているのです。いいことをやっていると機嫌が良くなります。良いサービスをしてお客様が「ありがとう」と言ってくれたら、機嫌良く、営業の人も帰ってくることができるわけです。その結果、社員も機嫌が良くなって、会社としても業績が上がって、最後は社長の機嫌が良い、という結果がいちばんいいですね。

やはり、機嫌が良いということはある意味では、非常にたがが外れた状態ですから、発想も豊かになりますし、アイデアも出てきます。アイデアが出てくると問題解決もスムーズに進みますし、良い循環になるのではないかなと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 玉生 弘昌
役職 代表取締役会長
生年月日 1944年9月8日

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案