プラネックスコミュニケーションズ株式会社(旧プラネックスホールディング株式会社) ~特徴的な商品を生み出すPC周辺機器メーカー~

Vol.2 価値観

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(旧プラネックスホールディング株式会社) 代表取締役会長 久保田 克昭 

[もっとみる]

価値観

【久保田】

どこの国に行ってもカメラマンというのは、日本製のカメラしか持っていません。複写機やコピー、ファックスにしてもほとんど日本製です。車もそうですよね。ほとんどとは言いませんけれども、車もあれだけの歴史、文化の違う中で、トヨタ、ホンダ、日産、三菱もそうですけど、非常に健闘していますし、何に卑下する必要があるのかなというくらい日本はいいと思います。

ベンチャーと呼ばれる私より、若い人たちがたくさんいると思うのですけれども、これから人口の減る日本ばかりで仕事をしているのではなくて、やはりどんどん世界にその技術を持って行くべきだと思います。

だから、私たちは日本のいいところ、細やかだったり、非常にお客様に対して、センシティブに反応して改善していく、ものの出来栄えや美しさに対するこだわり、そういうものをきちんと届けていきたいと思います。

特にBRICsもそうですし、アメリカもコアになっていますけれど、いずれにしてもヨーロッパも非常に大きいマーケットですし、そういったところにどんどん展開していければと思って、今一生懸命、組織作りを固めているところです。

【久保田】

今でも私はクオーターに1回くらいは現場に出て売っています。直にお話しすると、雰囲気なり、どういうものを作らないといけないか、というのがよくわかるので、そういう意味ではあまりお偉いさんに会うとかはしていなくて、現場レベルの人といつも話しています。

それが私のエネルギーなのかもしれません。私よりも若い人にぼろくそに言われたりすることもありますが、そういうのはいいです。「このやろう」と思いますが、「このやろう」を次に会った時には、「こんな良いものでしたら、すぐに買わしていただきます」と変えるのが面白いとおもいますし、それが人生だと思います。

だから、ぼろくそに言われることが一番好きです。ぼろくそに言う人は、本当に根性が悪いか、本当に自分たちの商品を気に入ってくれていて、本当に育てようと思っているかの2つに1つなのです。だから、それを見極めてきて、ちゃんとそういう人たちに、きちんと商品を展開できたら、その人たちの教えに従って、いろいろできたら、必ず伸びます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 久保田 克昭
役職 代表取締役会長
生年月日 1961/9/4

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案