プラネックスコミュニケーションズ株式会社(旧プラネックスホールディング株式会社) ~特徴的な商品を生み出すPC周辺機器メーカー~

Vol.5 プライベート

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(旧プラネックスホールディング株式会社) 代表取締役会長 久保田 克昭 

[もっとみる]

プライベート

【久保田】

レースが好きで、レーシングカーを走らせているのですけれども、頭の中はそれしかないので大体週末はトレーニングです。よく「死なないのですか?」と言われるのですけれども、現在のレーシングカーは非常に安全にできているので、そういう大きいアクシデントはなくて、上場してから始めたので、41歳くらいからやっていて、6年くらいやっています。

大体ひどい月ですと毎週末にレースです。草レースのようなものから、お客様がたくさん入るようなものまで、いろいろとやっていますけれども、モータースポーツはどちらかというと、ヨーロッパだとちゃんとスポーツとして認識されているのですけれど、日本の場合はスポーツというよりも、「そんな危ないこと社長がやって」とよくいわれるのです。

ただ、イギリスを見てもそうなのですが、例えばフォーミュラ1でチャンピオンを取った人は、女王陛下から騎士(Sir)の称号をもらえるくらい確立されたスポーツですし、私はあくまでスポーツだと思って取り組んでいます。会社の業務ということもありますので、引くところは引いていますから、例えば一緒に並んでここを入っていくと「何かあるとやばいな」と思ったときはやはり引きますし、雨の中、前が全然見えない中をビュンビュン走っていくので、そういう時は順位関係なく安全を考えてやります。

【久保田】

今でもこだわっているというと食でしょうか。食はこだわっています。防腐剤や、どこから来たのかわからない変な野菜ではなくて、新鮮で、腐るものといいますか、私はみんなに言っているのですが、やはり腐るものを食べないと、変な病気になると思うのです。だからおいしいものがあるところには、どこにでも行きます。

今行きたいのは、若狭とあと山形に行ってみたいです。山形に取れるものだけで作るという変なイタメシ屋があって、そこの羊の肉が、乾燥した「だだちゃ豆」を食べている羊なんです。普通ラムはにおいがするのですけど、そこのラムはにおいがないそうです。食べると「だだちゃ豆」のような、透き通った味わいがあるというのをテレビで見て、そこに来年くらい行こうかなと思っています。

良い食べ物はいいですね、あまり高くなくて、そういうところに行きたいです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 久保田 克昭
役職 代表取締役会長
生年月日 1961/9/4

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案