株式会社オンリー ~『ザ・スーパースーツストア』が有名な紳士服大手企業~

Vol.4 最大のピンチ

株式会社オンリー 代表取締役会長 中西  浩一 (2014年6月取材)

[もっとみる]

最大のピンチ(病気・死によるピンチ)

【中西】

これは今考えれば非常に感謝というか、ありがたかったという思い以外ないのですが、1999年に今の「The@SUPER SUITS STORE」という名前でやっている業態が、今うちのほぼ基幹店舗になっているのですが、それを99年の10月1日に東京の日比谷店にオープンということで、それで、その前に、さっき申し上げたオンリーという会社は、色々なことをやっていましたので、結構東京のプレス関連の方々もたくさん知り合いができていたので、忘れもしない97年の9月27日に、プレスパーティーをやるということで、2~300人おいでいただけるということで、勇んで私も朝に、ここから東京に入ったのですが、その入って昼くらいに、めまいというか、天井が回りまして、救急車で運び込まれて、それは何なのかというと脳梗塞で小脳の梗塞で、たちまち動けなくなって、慈恵医大という病院に入りまして、おかげさまで、くも膜下の心配もあるということで、その時に実を言うと、ピンチと言うよりも、ちょっとあの世を見てきまして、皆さん、あの世って良いところですからね。お花畑できれいな池があって、向こうにべっぴんさんがこうやって手を振っていますので、それでちょっと見てきましてね。

ところが、その時分は、もう大変な借金だらけの会社だったので、私、実を言うと、ふっと思い出したのは、私はこのまま死んでもいいけれども、結局、これだけのごっつい借金があって、うちの家の嫁さんと子供はどうなるのかとか、社員はあとどうなるのかと考えた途端、どーんと戻されて、この世に戻って来たんですけどもね。

余談ですけども、長生きしようと思ったら、借金がたくさんある方が長生きしますよと言って笑うんですけどね。そういう、実を言うと、経験をさせてもらって、それで結局今の大変な、借金で身体は動かないということがあったのですが、おかげさまで結局、ちょうどその時に立ち上げた「The@SUPER SUITS STORE」が、10月1日で10月ひと月間は、家賃分くらいしか売上が上がらなかったのですが、9月27日のプレスパーティーをやった人たちが、その店を見て、雑誌をはじめ、新聞、色々なところが、マスコミが、スーツの買い方が変わるというようなタイトルで、ばーっと載せてもらいましたので、その翌月の11月から、もう90度に売上が上がりましてね、大変なピンチが、チャンスではないですけども、非常にいい結果が出ました。

私もその間は、今までやった仕事を全部整理して、現場の新しい「The@SUPER SUITS STORE」の業態については、今の専務と、もう1人の2人でやってくれまして、私は全部今の整理をしていたのですが、危機ということなのですが、その後も色々なことを経験したのですが、実を言うとその前は、阪神大震災があった時がすごくピンチだった時でして、しかしその地震があることによってとんでもないような売上が計れたとか、そういう感じで例えば、色々なピントはあるのですが、今考えれば、案外ピンチだと危機とかよく言うのですが、僕は考えようによっては、能天気かもしれないのですが、それがチャンスの前触れなんですね。だから、もう一回僕も危機が来ないかなと。

そうするとチャンスが来るんじゃないのかなというくらいに、前向きに考えているということで、非常にそれから性格も変わりましたので、それまでは非常に嫌らしい性格で、己さえ良かったらいい、時分さえ良かったらいいというような男でして、今は非常に変わったので、病気があったことは感謝しているということです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 中西  浩一
役職 代表取締役会長
生年月日 1946年9月15日
略歴 紳士服渡辺 紳士服中西
座右の銘 知行合一

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案