日本電子株式会社 ~「透過電子顕微鏡」は世界シェアトップ。最先端理化学機器のリーディングカンパニー~

Vol.4 YOKOGUSHIについて

日本電子株式会社 代表取締役社長 栗原 権右衛門 (2015年3月取材)

[もっとみる]

―YOKOGUSHIについて―

【栗原】

私は最近キーワードとして『YOKOGUSHI』という言葉を使っています。それもあえて漢字ではないんですね。

【聞き手】

そうですよね。最初読んだときはピンと来なかったのですが『YOKOGUSHI』なんだなと理解しました。

【栗原】

「横串を張る」というのは色々なところでいわれていますが、我々は具体的な戦略の中に落とし込んでやっています。今、日本電子には電子顕微鏡など、11の事業ユニットがあります。従来は装置ごとの縦の力が強く横を見るということをしてこなかった。しかし横を見て繋がっていくと今までにない事業やテクノロジーができてくる。

7割は縦方向に新堀し3割は横方向に事情を展開することが重要だと言っています。もう一つは間口を広げて、オープンイノベーションという言葉があるんですけど、他の会社や産業官連携など横の展開ですね。横のつながりをつくることも『YOKOGUSHI』だと思う。産学官連携のプロジェクトをスタートし、大学と共同開発をしています。


【聞き手】

最近の話題ですと、御社の電子顕微鏡が有力商品ですが、光学顕微鏡のNikonさんと一緒に事業をやられている。これもまた展開の一つですか?

【栗原】

『YOKOGUSHI』といいますか、会社と会社の『YOKOGUHI』の一つの例ですね。光学顕微鏡は大気中で色を見ることができます。しかし電子顕微鏡は色は見ることはできないですし、真空中じゃないと見られないのです。ですから両方の良いところ取りですよね。だんだんビジネスとして展開もしていますけどね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 栗原 権右衛門
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案