株式会社アッキーインターナショナル ~日本製製品を前面に押し出した免税店を秋葉原を中心に展開~

Vol.6 今後の展望とメッセージ

株式会社アッキーインターナショナル 代表取締役社長 阿部 英行 (2015年5月取材)

[もっとみる]

今後の展望と 視聴者へのメッセージ

【聞き手】

社長ご自身は、経営者として何型というかどういうタイプと思われますか。

【阿部】

結構いいかげんよ。いいかげん。

【聞き手】

先ほどから伺っていると実は豪快に見えて、すごくコツコツ型な方なのかなと思ったんですけど。

【阿部】

豪快な部分は豪快かもしれない。あまりみんなが考えないようなことをばっとやっちゃったりするから。それは感じているかも知れないね。ただあんまりね、細かいことをごちゃごちゃは言わない。あとね、もしかしたらピンチに強いかもしれない。

【聞き手】

伺っていると本当にそうですよね。

【阿部】

ピンチでもね、あまり動じないね。普段はややちゃらんぽらんかもしれないけど。いざという時に頼りになるなと思っている人はいるかもしれないですね。

【聞き手】

今年60歳になられるわけですよね。これから先なんですけど、こういうことをやってみたいとか、会社をこうしたいとかあると思うんですが。ご自身の中で、ビジネスマン人生が残り10年なのか20年なのかわかりませんが。こういうことをやってみたいというのはありますか。

【阿部】

そうですね。逆にね、こういうことをやってみたいって意外に無いんですよ。たあだゆっくりと成長させて、やっぱり社員を豊かにしてあげたい。僕はいつも思うんですけど、どういうのがバランスがいいのかなって、考えるんですね。                  会社の組織って3つあると思うんですよ。まず株主、これが無いと会社が作れないじゃないですか。投資する人ね。それから役員、これはやはり会社をどういう方向にもっていくか。そして従業員。これは実際にやる人達ですよね。で、このバランスが崩れてしまうと、良い方向にあまり行かないですね。従業員ばかりつよいと労働争議みたいにね。また役員が強すぎてもそれは駄目だしね。そういうのをいつも言うんですけど。3つが上手にバランスを保てる状態で、会社を運営していきたいなと思いますね。    大きくするじゃなくて、中身を良くして、社員に分配をしていきたいなと。うちの会社の株って言うのは社員がたくさん持っていますから。先週はアッキーインターナショナルの株主総会をやりましてですね。昨日はアッキーワンの株主総会をやったんですよ。非常にたくさんの配当を出して、社員は非常に喜んでいるんですよね。だから、何のために事業をやるのかっていうのはもちろんお客様に喜んでもらいたい、サービスをしたいってもちろんあるんだけども。やっぱり社員がゆたかになる。で、後は納税ですよ。きちっと利益を出して納税をするっていうのは、日本国民として指名でしょ。そういう風にしたいね。あんまりあれをやりたいこれをやりたいというのは、今はないね。いまはあんまない。今の路線で少しづつ、ゆっくりでいいから拡大していきたい。ぐらいかな。

【聞き手】

こういったVTRをご覧になる中で、色々なメディアに取り上げられれますんで、阿部社長にすごく興味を持っている方もいらっしゃいますし、あとは社長が率いるこの会社に先ほどの会社じゃないですけど。めっちゃ面白いから就職してみたいなと。特に今は学生さんの就活シーズンでもあるし、色んな方が御覧になる中で、そういう方にぜひメッセージを一言頂ければと。

【阿部】

特に若者の皆さんにメッセージでもしましょうかね。アッキーという会社はこんな社長がやっていますけど、着実で堅実でまだそういう意味では時流にのっている会社かもしれませんね。今非常に国際的な会社でですね。従業員70数%は外国人と非常に異文化の中で非常に仲良く仕事をやっている会社です。ぜひアッキーに興味のある方は、入社したいという人はぜひ私の所へ来てください。いつでもお会いしますしね。一緒に国際人になれたらいいなと思っています。それからあの、アッキーにこんな商品を紹介したいという経営者の方、社員の方も御覧になっていると思います。ぜひ色々売れそうなもの楽しそうなものこんなものがあったら便利よっていうグッツもありましたら、ぜひご紹介1つ宜しくお願いします。

【聞き手】

本当に社名の通りにこれからますますですね。インターナショナル、世界に向けて日本のいい物をどんどん発信して頂ければと思います。今日は楽しいお話をたくさん聞かせていただいてありがとうございました。

【阿部】

ありがとうございます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 阿部 英行
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案