KCJ GROUP株式会社 ~日本の教育を変える!『キッザニア』創業者が起こす教育革命~

Vol.5 キッザニアで仕事の認識を変える

KCJ GROUP株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資 (2015年9月取材)

[もっとみる]

-キッザニアで仕事の認識を変える-

【住谷】

まずは、今ある仕事をできるだけ子どもたちに体験してもらって、できるだけ小さいうちに職業意識を持ってもらって、将来何をして働くんだという意識を持ってもらう。そうすると、自分の進むべき方向性がだんだん見えてくる。すると高校や大学で、ある程度自分の行きたい仕事に合った学校を選ぶようになって、自分の人生設計の役に立つのかなと私は思うのですね。

【聞き手】

子どもの頃、「ここで体験した仕事に就きました」というように、将来、職業を選択する時に「あの経験があったからこの仕事に就きました」という子どもたちも、これから続々と生まれてくるかもしれないですよね。

【住谷】

そうですね、スポンサーさんもそれを期待しております。

その前に、子どもたちの仕事体験をサポートしている私どものスタッフも非常に若い。高校生もいるし、大学生のアルバイトもいるし、若い社員もいる。年配の社員も、もちろんいるのだけれども、そういう人たちもここで働きながら、自分もこういう会社で働きたいという意識が、体験することによってだんだん芽生えてくる。

我々は就職支援にも力を入れておりまして、アルバイトをしている高校生や大学生の皆さんに、就職の時にはこういう心構え、こういう事が大事なんですよという支援もしているんですね。

【聞き手】

就職活動をしている多くの学生さんたちに、こちらに内定してほしいと思うくらい、仕事がよく分からないまま学生時代を過ごしてしまって、いざ就職活動をする時に「さあ何業に、何職に就こうか」と悩まれる方も多いと思います。もっとそういう方たちにも利用してほしいくらいですよね。

【住谷】

実際にインターンの受け入れについても、大学生とか、あるいは企業の方、海外のキッザニアで働いている人たちも、日本に来てインターンのような形で、日本はこんなことをやっているんだということを、色々な形で大人も体験してみる、将来は自分で自分の仕事を見つけるという、総合的な場所になってくれたらいいなと実は思っているのですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 住谷 栄之資
役職 代表取締役社長兼CEO

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案