KCJ GROUP株式会社 ~“エデュテインメント”施設『キッザニア東京』創業社長が語る“新しい教育のカタチ”~

体験して学ぶことの重要性

KCJ GROUP株式会社 代表取締役社長 住谷 栄之資 (2015年9月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

本日は、子供達が本格的な仕事体験を通じて、社会の勉強になるというキッザニアという日本でも画期的な施設を展開されております、KCJ GROUP株式会社の代表取締役社長、住谷 栄之資社長にお話しお伺いして行きたいと思います。それでは社長、よろしくお願い致します。

【住谷】

よろしくお願いします。

【聞き手】

今日は社長のこれまでの人となりと、ビジネスマンとしての半生について色々お話し伺って行きたいと思います。改めまして、よろしくお願い致します。

【住谷】

よろしくお願いします。

体験して学ぶことの重要性

【住谷】

私、キッザニア始めて色々なことを感じているんですけど、教育ってこう何か大人とか先生とかが子供に上から目線で教えるということが、本当に良いことなのかどうなのか、ある程度環境を作って、子供の内は勿論安全も大事ですし、ある程度の指導も大事なんだけども、基本的にその子供ってある程度自分で小さい内は好奇心を持っているので、それを上手く伸ばして行く、そういう方がいいんじゃないかと。

広い意味での教育、日本で教育って言うと、教えて育てると書きますよね、でも実際どういう方がいいかというのは、やっぱり子供の特性、本人色々な特性がありますよね、例えばスポーツが優れているとか、頭が良いだとか、何か物を作るのが上手いとか、そういう特色をどんどん伸ばしてあげるということが、結局一番子供にとっても、良いんじゃないのかなというふうに思うんですよね。

【聞き手】

確かに、こう座学で色々と言葉で教えられてと言うよりも、まずは自分で手を動かしてみて、頭を働かせてという方が、入ってきやすいですよね。

【住谷】

そうですね、分かりやすいし、自信になる。心の動きとしては、すごく自信になる。自分でなにかを作るということ、これを作ったというんですね。例えば砂浜で、砂を集めて山を作る。自分で作ったって言う実感ですね、これは本で読んでも実感がない。

【聞き手】

確かに、想像するだけですよね。

【住谷】

そうそう、本にそう書いてあったとしても、あまり自分に自信になるというふうには結び付いていかない、そういう知識が入ったというだけの話だと思うのだけど、だから自分で色々なことをやるという、いわゆる体験ですよね。これ自身がすごく大事だと思うんですよね、色々な意味で何をするにしても。

【聞き手】

ではご自身も小さな頃から、どちらかというと、とにかく色々とやってみて考えるというようなことをされてらっしゃったのですか。

【住谷】

環境がそうだったと言うだけの話だと思うんですよね。もちろん学校もあったし、学校へ行って、もちろん勉強もしたんですけども、自然にこういう環境の中で、色々なことを体験して学んでいくという、そういう環境ですね。

今は塾があるじゃないですか。だから子供達が学校へ行って、また塾へ行って、受験っていうのが、ひとつ大きな軸になっているので、本来あるべき子供の育ち方というのが、少し狭められている。もちろん、非常に大事なことを学校や塾では勉強しているんですよ。

しかし人間社会っていう、まず広い区分で言ってどう育つべきかとなるとそれだけでは充分じゃない。やっぱり人間との触れ合いとか、友達を大事にしたり、仲良ししたり、喧嘩したり、あるいは、愛情を持って触れるとか人に愛情を持つ。あるいは体を動かす事もそうですし、人間は色々な能力を持っているんで、それを出来るだけ皆何か得意なものがあるはずなんですよ、頭だけじゃなくて。だからそういうことを、自分で発見したり、周りも認めたりで、育っていくことが大事なのかなということを、私は何もしてないんだけど、たまたまそういう環境に育っただけの話で。私たちの頃は塾はなかったですからね。

【聞き手】

昔はそうですよね。

【住谷】

だから自分で受験勉強をするだけなんだけど、やっぱりそれは色々な興味があることがたくさん他にあって、友達と遊んでたり宿題を忘れたりするんだけど、そういう環境が良かったのかなと。だからその時の学校での色々な体験、あるいは、それ以外の放課後、あるいは家庭での体験、そういうことはすごく自然に身に付いているんですよね。特に、家庭での教育ってよく言うんですけど、私3人兄弟なんですけど、親が2人いてそうすると一人ひとりに役割があるんですね。

【聞き手】

ちなみに、3人兄弟の何番目なんでしょうか。

【住谷】

私、長男なんですね。

【聞き手】

長男でいらっしゃるんですね。役割と言いますと、どんな役割だったのでしょうか。

【住谷】

今みたいに電化か進んでないので、毎日薪でご飯を炊かないといけない、お風呂も沸かさないといけない、あるいは新聞も取りに行かないといけない、牛乳も配達される、掃除もしなければいけない、あるいは鳥に餌をやらないといけない、卵もとらなきゃいけない、洗濯も場合によっては手伝わないといけない。

今はすごく便利になっているので、そういうものはほとんど電化されている、それをみんな自分たちでやっていたので、だからそういう役割がある、これは社会の仕組みなんだと。自分がそれをやらないと、お風呂に入れない、ご飯も食べれないので、だからそういう自然に世の中の役割、助け合っているんだという実感を持ってましたね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 住谷 栄之資
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案