KCJ GROUP株式会社 ~日本の教育を変える!『キッザニア』創業者が起こす教育革命~

Vol.4 立ち上げ当時のエピソード

KCJ GROUP株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資 (2015年9月取材)

[もっとみる]

-立ち上げ当時のエピソード-

【聞き手】

始められた当初といいますか、「よし、これをビジネスとしてやろう」と思って、日本で事業として立ち上げられた時、周りからの反応はいかがでしたでしょうか。

【住谷】

反応はすごく良かったんですよ。

【聞き手】

「良いね」とか、「面白いね」とか。

【住谷】

話を聞いてみると、「それは面白そうだね」「良いね」という反応で。大体、私と同じような年齢や環境だった人たちは、非常に感触は良かったですね。ただ、それが事業として本当に立ち上がるの? と。

【聞き手】

発想は良いけれど、もうかるの? という。

【住谷】

格好は良いけれど、それが本当に立ち上がるの? 運営が継続できるの? という視点ですよね。何でもそうですけれど、始めるのは誰でもできる、しかしそれを継続するということが、会社経営の非常に難しいところなのだけれども、そこをみんな心配していました。

【聞き手】

最初に日本で展開されるということなので、日本の企業のスポンサーとしてついてくださるところをたくさん探す営業などもされたと思うのですが、その時はいかがでしたか。賛同して、「やりましょう」と言ってくださるところが、割と順調に集まっていったのでしょうか。

【住谷】

先ほどと同じ反応で、子どもたちは今のままの成長の仕方でいいのか、と皆さん結構疑問に思っていらっしゃる。でもどうしていいのかは分からないという、皆そんな状況だったのです。

話は聞いてくれるんですけれど、それを会社の中で、例えばスポンサーになるという話になると、経済的な負担だとか、ノウハウを出してもらうということに対して、やはり当然リスクがある。それと、個人としても心配なのに、ましてや会社判断となればもっと慎重になる、本当に継続できるのか、どこが運営するのかということもあり、色々な不安があるので、非常に関心は持ってもらって、興味もあって「良いね」というところまでは来るのだけれど、最後に出店をする決断になると、少し時間がかかりました。

2006年10月に東京都の豊洲にオープンしまして、スタートが大変良かったんです。ですから、入場を少し予約制にして、半分くらいのお客さんをコントロールさせていただきました。我々はオペレーションが慣れてないということもあるので、あまり一気にたくさんの方々に来られても対応できないということもあり、だいぶ制限させていただきました。それくらい最初から人気でした。徐々に予約枠を増やしていきまして、半年くらいで一応マックスまで入場していただくというかたちになりました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 住谷 栄之資
役職 代表取締役社長兼CEO

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案