弁護士ドットコム株式会社 ~累計相談件数34万件超のポータルサイト『弁護士ドットコム』を運営~

Vol.1 海外で過ごすことが多かった幼少期

弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長 元榮 太一郎 (2015年12月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

本日は弁護士と経営者という2つの顔を持って、昨年2014年2月に東証マザーズに上場されまして、ますます成長著しい弁護士ドットコム株式会社、代表取締役社長兼CEO、元榮太一郎社長にお話を伺っていきたいと思います。それでは社長、よろしくお願い致します。

【元榮】

よろしく願いします。

-海外で過ごすことが多かった幼少期-

【聞き手】

お生まれはアメリカのイリノイ州ということで。

【元榮】

そうですね。父の転勤の関係で行きましたけれども、アメリカのシカゴの隣のエヴァンストン市というところで、3歳で戻ってきていますから記憶が2つ3つしかないぐらいで、特にそこまで長くいたわけではないですし、あとは中学校2年生3年生の時にドイツのデュッセルドルフにいたのですけどが、この時も1年半なので、結構アメリカ、ドイツと住んではいるのですが、そこまで長いってわけじゃないですね。

【聞き手】

傍目に見ると幼少期に海外での生活があるっていうのは、なんとなく第三者的に見ればうらやましいなって感じがするのですが。

【元榮】

当時はそれが当たり前だったので、今考えるともっと生かしておけばよかったなと思いますよね。

【聞き手】

お父様の仕事の都合で環境が変わること、実は当時はあまり良しと思われてはいなかったみたいですね。

【元榮】

本当に未熟の極みなのですが、中学校でドイツに行った時は、今だったらインターナショナルスクールに行って、外国の人たちに囲まれて、英語がネイティブになっていますよね。今日も先程IRミーティングで機関投資家がイギリスから来ていたのですけれども、通訳を入れてコミュニケーションを取っていたので、通訳がなくてもコミュニケーションが取れていた自分がいたのではと思うと、時計の針を戻したいところですね。

【聞き手】

その中でも、自分の環境を変えていこうと1人で帰国されるわけですよね。

【元榮】

そうですね。そういった英語をしゃべれないという意味では、あの時、ああしとけばよかったなと思いますが、そこの体験をきっかけに吹っ切れて、自分で自律的に生きていこうというような人生を歩み始めたきっかけでもあったので、そういった意味では非常に良かったかなとは思っていますよね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 元榮 太一郎
役職 代表取締役会長

応援メッセージ
この社長に直接提案