株式会社ハードオフコーポレーション ~国内リユース業界の雄をつくり上げた“4つの理念”~

Vol.5 人材マネジメントで重視すること

株式会社ハードオフコーポレーション 代表取締役会長 山本 善政 (2016年8月取材)

[もっとみる]

―人材マネジメントで重視すること―

【山本】

人材育成をあらゆる業務より優先させるというのが私の考えです。ですから、あらゆる業務よりです。例えば、ここ2、3年は年間数十人ずつアメリカ視察、流通視察に行ってもらったり、しょっちゅう研修をやったり。研修も色々な、どちらかというと、スキルアップの研修みたいなものも含めて、研修なりをまめにやって。それはコストもかかりますよね。集まってくるだけでもコストもかかるし。それは、人物金の人が一番だと昔から言われていますが、ただ、それをより具現化するには人材育成をあらゆる業務より優先するということも宣言していますから、まずはそれですよね。企業は人なりで。

では、その人をより公平でありたいなと。ですから、うちは大卒も中卒も、男も女も若い人も50歳のシニアでも、スタート時期はみんな同じなのです。スタート時期はみんな同じで、パートアルバイトさんも、大体8割の方はパートアルバイトさんですね。キャリアパスプランと言って、7段階の評価制度があります。入って、元気に「いらっしゃいませ」、レジが打てるようになったら、30円ぐらい上がるんです。この仕事ができたら、また30円とか50円とか。仕事に対してできた分、頑張って仕事ができた人に対しては、それだけ評価をする。公平でありたいと。ただ、人間はみな平等だから、スタートは一緒にしましょうと。ただ、英語でいうと、公平というのはフェアですよね。平等はイコールだよね。仕事に対してはフェアでありたいということです。人間に対してはイコールでありたい。

例えば、22歳から社会人になるとすれば、残る40数年間は学生から社会人になります。それは、人生の大半を生活の糧を求めたり、家族を養うために、どこかの会社を興すか勤めるかしなければならないのです。それは自分の人生にかけるだけの、自分の人生を預けるだけの価値のある考え方の会社かお店かと私はそうでなかったのだなということに気がついて、今度はそういう会社を作るには何なのだと気がついたのが、うちの経営理念の4つなのです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山本 善政
役職 代表取締役会長
生年月日 1948年4月1日

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案