株式会社 力の源ホールディングス ~目指すはRAMENの伝道師!各国を席巻する『一風堂』の次なる一手~

Vol.4 世界で戦うための人材育成

株式会社 力の源ホールディングス 元取締役 清宮 俊之 (2016年11月取材)

[もっとみる]

―世界で戦うための人材育成 ―

【清宮】

まだまだそこの域には達していないですけど、日本の外食企業グループが誇るグローバルカンパニーになりたいという思いもありますから、それでいくと、組織レベルを上げていかないと、到底世界では戦えないなということは、前々から気付いていたので、やはり常に意識しているのは、人周り、人事周り、組織デザインというところですね。

自分自身がプレーヤー兼社長として動いて、意思決定をバンバンしていって、強引に物事を力技で進めていくということをやるスタイルも、時には必要なんですけど、本当に拠点数がこれだけ、海外でもニューヨークにあったり、ロンドンにあったり、パリにあったり、シンガポールにあったり、オーストラリアにあったり、ほかのアジア圏、オセアニア地区にもあったりと、これだけの拠点があって、1人でできることは限られているので、やっぱりもう本当に、各拠点に優秀なメンバーはいますから、そのメンバーが目線とかベクトルを合わせられるような組織デザインをするのが自分の役割かなと思って、今そこを一番意識していますね。

ここはもう本当に創業事業から全くぶれずに、この先もぶらさずにやっていくつもりなんですけど、やはり教育の考え方が大事かなと思っています。もうそこには力も投資も必ずかけると。どんな状況になってもかけるという方針でいっています。やっぱりとにかくソフト面の人が成立しないと、僕らがやるということは、幾らITとかサイエンス、科学の領域が進んでも、結局それをプロデュースする人の力や能力がないと実現できないので、この先も人というところですね。それは幹部だろうが、社員だろうが、アルバイトさんだろうが、パートさんだろうが関係なく、もう全てが大事という考え方なんですけど、まさに人の教育というところは、これからも重要視してやっていきたいなというふうに思っています。

当然「きつい」という環境は、業界的にもそうだと思います。ただ、正直どの業界でもきついんだな、結局というふうには思っていまして、外食だけが極端にきついわけでもないですし。当たり前のように、われわれもそうですし、他社さんもそうですけど、いい意味での労働環境の整備はもう進んできていますので、日本は。もっとそれをより強化していかなければいけないと思うんですけど、どちらかというと、そこら辺は整備をしつつ、キャリア、成長の可能性ですね。

人の可能性を無限大にして労働環境のいい意味での整備は進んできているどっちかというとそこら辺は整備をしつつ、成長の可能性、人の可能性は無限大にしてあげたいなと思います。ただし、選択するのは個人個人の自由権を与えてあげたいので、キャリアの広がりをわれわれのグループはすごく持っていまして、当然外食飲食なので、自分で館を持ってちゃんとご飯も食べていきたいという方も非常に多いので、独立したい方は手を挙げて、プレゼンをして、一風堂の「のれん分け制度」というのがありますから、この仕組みにエントリーすることは誰でもできる。ただ、通るかどうかはそんな簡単なものではないので、今、20人弱の店主が社内から生まれていますけど、みんな簡単に店主になったわけではなくて、すごい苦労と経験があってできているメンバーなので、手を挙げれば誰でも独立できるかというと、そんなことはないんですけど、自由に手を挙げて挑戦できる環境はあります。独立支援制度もありますし。

後は新規事業を立ち上げるという、先日も川崎の方で初めて外資系ブランドを、パンダ・エクスプレスとジョンイトベンチャーを組んで展開しましたけど、新規事業を立ち上げたいというメンバーには、そういうキャリアがありますし、もっと言うと、やっぱり海外でチャレンジをしてみたいというメンバーについては、もう山ほど国が用意できるので、国によって希望はあると思うんですけど、そういう意味で、もう年度ごとに社員が新しいチャレンジをできる環境をどんどん増やしていってあげたいなと思います。逆に広過ぎるので(笑)。

整理して、ちゃんと社員に伝えていくということを、これからやっていかなきゃいけないので、広ければいいというものでもなく、なかなか海外の実態が見えにくいので、海外の赴任中のメンバーの苦労話とかをもっと日本にフィードバックしてあげて、逆に得たものとか、そういう情報を国内のメンバーに入れてあげると、もっと手が挙がると思うんですけど。なので、一旦人事戦略上、キャリアフローとかキャリアパスという考え方が大分できてきているので、それをちょっと整備して、ちゃんと情報を伝えてあげるというのが来年以降になるのかなと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 清宮 俊之
役職 元取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案