株式会社日本香堂ホールディングス ~変化を機会に!新体制で臨む老舗企業大変革の全貌~

Vol.6 女性社員の活用と視聴者へのメッセージ

株式会社日本香堂ホールディングス 代表取締役社長 小仲 正克 (2017年8月取材)

[もっとみる]

―女性社員の活用と視聴者へのメッセージ―

【ナレーター】

社内の半数以上は女性社員という日本香堂ホールディングス。働き方や活用面において、どのような取り組みをしているのか。

【小仲】

私どもは横軸の視点でもプロジェクトチームを作っていますし、それは若いスタッフが中心となって携わったりもしています。また、女性の比率が結構高いので、そういった意味では、女性はすんなり中に入ってきています。特にクリエイティブな部分で女性の比率が高いのかなと思います。

【聞き手】

やはり女性のお客様もとても多いでしょうから、女性が好むものをつくったりするのに、女性の意見もたくさん活用されているということですね。

【小仲】

そうですね。自分の代になって1つ大きく変わったことは、デザインがかなり女性的なテイストになってきたことも挙げられます。以前は高度経済成長の時代だったこともあり、やはり「強く生きよ、『青雲』」という、どちらかというと強さみたいなものがありました。
時代が成熟化して、やはりユーザーは女性が多いということなので、デザインも女性的になっているとは思いますし、スタッフにも女性が多いと思います。

―視聴者へのメッセージ―

【小仲】

私どもは8年後に創業450周年を迎えます。そこに向けて2011年に日本香堂ホールディングスを設立し、そしてこの2017年から本格的に活動を始めました。私どものビジョンは、日本の香り文化を創造し、世界に広めていくことでございます。
傘下には13社の海外、国内の子会社がございます。そこにはフランス人もいて、アメリカ人もいて、中国人、韓国人がおりますけれども、このビジョンの実現に向けてスタートしていきたいと思いますし、2018年には、できればパリに私どものお店をオープンさせたいと考えております。
引き続きご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 小仲 正克
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案