株式会社日本M&Aセンター ~業界の雄が語る!これが企業の幸せを実現するM&Aだ!~

Vol.6 『3KM』の考え方と視聴者へのメッセージ

株式会社日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓 (2017年9月取材)

[もっとみる]

―『3KM』の考え方と視聴者へのメッセージ―

【ナレーター】

仕事と家庭の両立について、『3KM』という考え方を従業員に啓蒙しているという。その真意とは。

【三宅】

『3KM』は「3つのKをマネージメントする」という意味で、Kは「会社の仕事」が1つ。2つ目は「家庭」。3つ目は「個人」。この3つを両立させていかなければいけない。これは、ライフワーク・バランスのことではありません。ライフワーク・バランスは、100を33、33、33に切り刻むことですけれど、私は全部150やり たいと思っています。

その中でも一番大事にしてもらいたいのが、やはり家庭なのですね。どんな教育をしたいのか、どんな家に住みたいか、どんな車に乗りたいか、両親にはどんな介護をしたいか。それらをちゃんと決めて、それに必要なものが稼げるような仕事を、会社でつくっていこうと考えています。ですから、会社の仕事はヘビーですけれど、このヘビーな仕事は家庭の夢を実現するためですし、それは奥様と話し合っているわけですから、賛同も得られるとそういうことになってくる。とはいえ、それだけではつまらない。やはり個人のことも大事かと思います。

僕は音楽がすごく好きで、ビートルズのコレクターとしてはたぶん日本一ではないかと思うくらいのコレクションを持っていて、バンドにも参加しています。そういうことも大事で、個人の自己実現もしていこうということです。その個人の夢、それから家庭の夢、それらを実現するための仕事を会社でつくりだしていこう。この『3KM』というのを社員に実践してほしいと思って、啓蒙活動をしています。

さらに、それを会社としてもお手伝いするため、定期的に「ビジョン面談」というものをやっています。社員が3年後、5年後、7年後にどうしていたいと考えているのか、どんな家庭にしたいのか、どんな仕事をしたいか、年収はいくらくらいほしいかというようなことを1人1人から聞いて、会社としてそれを実現できるようなお手伝いをするというものです。その結果、1人1人が力をすごく発揮してくれる。それが結集してすごいパワーになり、会社の成長が維持できているのではないかと思います。

―視聴者へのメッセージ―

【三宅】

当社は、社会的な使命を果たしている会社です。社員は使命感を持って働いていますし、実際に仕事をすると、本当にお客様が涙を流して喜んでくれます。社長だけではなくて、従業員、あるいは地域経済とか、そういったところにもいい影響を及ぼしていく仕事ですので、ぜひご一緒していただけたらなと思います。

それと同時に、当社の社員はみんな上昇志向が強くて、ハングリーです。M&Aという仕事は、ある意味でハイエンドなビジネスかなと思います。さまざまな能力が必要です。知識も必要ですし、コミュニケーション能力も、熱いハートも、論理的な思考も必要です。当社が望んでいる人材は、“ウォームハート”と、“クールヘッド”ですね。本当にお客様と共感して、一緒になって悩み、一緒になって涙を流せるような“ウォームハート”を持っている人。同時に、このディールをやることによって、どんなリスクがあるのか、あるいはどんな相乗効果があるのかを冷静に判断して、それを企業評価に反映したり、契約書に反映したりする、そういう“クールヘッド”。これも必要です。そういった両方を持っている人たちで、非常に上昇志向が強い、ハングリーな人たちが集まっていますので、自己実現をしていきたい、一流のビジネスパーソンになりたいという人にはうってつけの職場だと思います。ぜひ、一緒に働きましょう。

社長プロフィール

President's profile
氏名 三宅 卓
役職 代表取締役社長
生年月日 1952/1/18
出身地 兵庫県神戸市

応援メッセージ
この社長に直接提案