全国健康生活普及会/日本カイロプラクティック連合会 ~日本最大規模のカイロプラクティック支援団体、成長の原動力~

Vol.4 普及率向上で貢献できる「数兆円規模のコスト削減」

全国健康生活普及会/日本カイロプラクティック連合会 本部長 岩間 信憲 (2018年7月取材)

[もっとみる]

―普及率向上で貢献できる「数兆円規模のコスト削減」―

【ナレーター】

将来、国内のカイロプラクティックの普及率をアメリカと同水準にまで高めたいと語る岩間。実現に向けて、岩間が描く展望とは。

【岩間】

今、日本のカイロプラクティックの普及率がアメリカに比べて40分の1と言われていまして、我々としては非常に長い道のりなのかもしれませんが、やはり40倍になっていくような、そういったものを、40周年のときのキーワードとして先生方と誓わせていただいたところでございます。

もちろん、数だけでは仕方ないですね。数を増やしてそれで終わりではなく、コンサルティングを行いながら、その人たちが例えば、今、年収100万円しか稼げてない方々が300万円になる。もしくは300万円しか稼げてない人は500万円、または1000万円を超えていく、そして数千万になっていく。そしてそれが、生涯続くような状況にもっていくまで本部としては全力でバックアップをする。そういった様々な施策を全国各地で常に行っています。

それをやることによって、質と量ですね。それを向上させることによってカイロプラクティックの普及率をあげていく。これが我々の戦略になっていくわけです。

【ナレーター】

カイロプラクティックがさらに普及することにより、数兆円規模の国民医療費の削減にも貢献ができると岩間は語る。

【岩間】

今まで病院に行っていた方の病院へ行く頻度が下がる、もしくは今まで薬を飲まれていた方が、薬を飲まなくても良い状態になる、もしくは予防として将来飲むことを回避させることがカイロプラクティックによってできれば、それはおそらく数兆円規模の社会貢献になっていくのだと、私は思っています。

最も大事なことは人達に対して健康になっていただく。そして豊かになっていくことだと、私は信じて活動しています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 岩間 信憲
役職 本部長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案